【どんなときもWiFi、ボーダレスwifi】オススメどっち?デメリット・メリットを知ってから申込み先を決めよう!

【更新:2020/02/18】
どんなときもWiFi VS ボーダレスwifi.png

数あるポケットWiFiの中からあなたは、「どんなときもWiFi」「ボーダレスwifi」の2択まで来ました。


どちらを申込みすべきか、最後の決断で迷ってませんか?

スクリーンショット 2019-08-27 19.31.21.png
なやむさん

・どっちの申込みがいい?
・何が違うの?
・共通点は何?
・安いのどっち?
・端末の性能は同じ?
・それぞれのデメリット・メリットは?


結論、「どんなときもWiFi」が断然オススメです。

理由は、
安い(2年総額で35,860円も安い)
データ容量無制限

au、docomo、softbankのLTE回線を使用
★追加料金も無いから安心

デメリット、メリットをまとめると↓

 

どんなときもWiFi

ボーダレスwifi

デメリット

・契約期間が2年
・違約金が標準価格

料金が高い
上限通信量を超えると追加料金あり
端末代金、送料が有料
・SoftBank回線のみ

メリット

・料金が安い
・完全無制限
・au,docomo,softbankのLTE回線
・追加料金なしで安心

・契約期間1年で短め
・解約金が安め


「料金、繋がりやすさ、通信制限の有無など」モバイルWi-Fiルーターに必要な要素を客観的に公平に比較しましたが、「どんなときもWiFi」が良かったです。

「どんなときもWiFi」はコスパも良く、サポート体制も良いので総合的に見て今一番オススメの申込み先です。

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


「ボーダレスwifi」のメリットである「縛り期間1年、解約金が安め」が良いと思った方は、「どこよりもWiFi」という販売元で申込みして下さい


料金も安く、スペック同じで「縛り期間も同じ1年」、「解約金も同じ9,500円」と良心価格です。

\契約期間1年、違約金も安め/
>>【どこよりもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


答えをお伝えしましたが、詳細知りたい方は進んで下さい。



◆何が違うか⁉

《違う点の早見表》

 

どんなときもWiFi

ボーダレスwifi

月額料金
(クレカ払い)

3,480円

3,980円

2年総額
(10%税込)

・95,172円
(クレジットカード)

・113,982円
(口座振替)

131,032円

124,432円
(500円割引)

118,932円
(500円割+レビュー割)

端末代金

0円

19,800円

送料

0円

800円

回線

au、docomo、softbankのLTE回線

SoftBank回線のみ

通信制限

無制限

上限あり

支払い方法

・クレジットカード
・口座振替

・クレジットカード
・デビットカード

最低利用期間

2年

1年

違約金
(解約金)


契約期間

契約解除料

0〜12ヶ月目

19,000円

13〜24ヶ月目

14,000円

更新月
(25ヶ月目)

0円

26ヶ月目以降

9,500円


契約期間

契約解除料

0〜12ヶ月目

9,500円

13ヶ月目~

0円

端末返却の有無

不要


では一つずつ見て行きましょう。


【どんなときもWiFi、ボーダレスwifi】料金の違いは?


お金、電卓.PNG

「どんなときもWiFi」の方が料金が安くお得ですが、プランも大きく違うので比べて見ましょう。

まず国内利用のプラン比較から↓

【どんなときもWiFi、ボーダレスwifi】国内料金の違い


《国内プラン》

 

どんなときもWiFi

ボーダレスwifi

月額料金
(クレカ払い)

3,480円
[無制限]

3,980円
[月100GBまで]

月額料金
(口座振替)

3,980円
[無制限]

2年総額
(10%税込)

・95,172円
(クレジットカード)

・113,982円
(口座振替)

131,032円

124,432円
(500円割引)

118,932円
(500円割+レビュー割)


どんなときもWiFiには「クレジットカード、口座振替」の2種類料金プランがあり、「ボーダレスwifi」より安いです。

↑表を見てもらった通り、「どんなときもWiFi」通信無制限で使えて、しかも安い

対して「ボーダレスwifi」は月間100GBまでの上限があって、さらに料金が高いんです。

「ボーダレスwifi」も割引サービスを用意してるようですが、キャンペーン利用しても「どんなときもWiFi」の方が安いです。

ハッキリ「どんなときもWiFi」申込みの一択だと言えます。

\通信無制限、8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


【どんなときもWiFi、ボーダレスwifi】海外料金の違い


海外地図「どんなときもWiFi」.png
[↑どんなときもWiFi海外でのエリア別料金]

海外利用に関しては、「どんなときもWiFi」「ボーダレスwifi」のスタイルは大きく異なります。

《海外プラン》

どんなときもWiFi

ボーダレスwifi

・1,280円/日
(アジア,オセアニア,ヨーロッパ,北米)
[※1日1GBまでLTE回線]
[※1GB超えた後、低速384Kbpsになり無制限]

・1,880円/日
(中東,南米,アフリカ)
[※同上]

3,980円/月
[月7GBまで]

4,980円/月
[月12GBまで]

5,980円/月
[月17GBまで]

9,980円/月
[月30GBまで]


どんなときもWiFiは、海外利用はエリアで料金が分かれ、D1端末の電源を入れた日のみ上記料金が課金されます。

一日いくらのカウントの仕方です。

海外使った日だけ請求.png

料金請求は、「国内料金+海外使用日数分」でまとめて請求がされます。

管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

例)
1月にハワイ3泊5日の旅行をし、どんなときもWiFiを2日間つかった場合、翌々月(3月)の請求額は6,388円。
[内訳]↓

国内の月額料金
(クレカ払い)
3,828円
(3,480円の税込)
海外使用分
(非課税)
2,560円
(1,280円×2日間)
6,388円


「どんなときもWiFi」は、料金が分かりやすくユーザに優しいです。

しかも遠隔サポートもあり、海外でもし繋がらなくなっても安心のサポート体制が整ってます。

海外、遠隔操作サポート.png


↑↓ 対して


ボーダレスwifi海外料金.png

「ボーダレスwifi」は月間通信量の上限を決めて「月いくら」で請求されます。

例えば3,980円の[月7GBまで]プランは、「海外+国内」の合計で7GBまで利用が可能です。

決められたギガ数を超えると追加料金(1GB900円)が発生します。

通信量を気にして利用するのは面倒だし、「ボーダレスwifi」の料金は高いです。

「どんなときもWiFi」なら1日1GBまでLTE回線が使えて、1GB以上使っても少し低速384Kbpsで無制限で利用できます。

D1端末は追加料金なし!

速度が384Kbpsに減速しても、だいたいの事はできるので安心して下さい。
(翌日には通信量がリセットされ、またLTE回線が使える)

384Kbps速度で出来ること.png

\料金が分かりやすい、8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


【どんなときもWiFi、ボーダレスwifi】回線の違い


国内で利用する回線も違います。

どんなときもWiFi

ボーダレスwifi

au、docomo、softbankのLTE回線

SoftBank回線のみ


「どんなときもWiFi」は「クラウドSIM」という次世代通信のシステムを使い、3大キャリア(au、docomo、softbank)のLTE回線を利用します。

管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

・「クラウド=雲」だがここでは、インターネット上の意味。
・SIM=ネット接続に必要な金色の小さいカード
SIMカード.png


「クラウドSIM」au、docomo、softbank.png

「どんなときもWiFi」はトリプルキャリアのLTE回線を使えるので、日本全国ほぼ全域をカバーしてます。

LTE回線は携帯電話回線なので、都市部はもちろん地下や山間部でも繋がりやすいメリットがあります。

さらに「クラウドSIM」の良いところは、場所に応じて最適なSIMを選びます

あなたが移動したら、その場所で一番強い回線をキャッチしてくれるんです。

「クラウドwifi」最適な場所「クラウドSIM」よし空いてるSIM.png

例えばSoftBankが強い所では、SoftBank。

Docomoが強い所では、Docomoを自動選択する、とてもイケてるのが「どんなときもWiFi」の「クラウドSIM」なんです。

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


↑↓ 対して


「ボーダレスwifi」はSoftBank回線のみ使用します。

ソフトバンク回線も国内をカバーしていて良いと思うんですが、もし通信障害が起こったとき、一社に頼ることになります

「どんなときもWiFi」なら三社(au、docomo、softbank)の電波でお互いをカバーしあえるので、もしもの時も安心です。


【どんなときもWiFi、ボーダレスwifi】支払い方法の違い


 

どんなときもWiFi

ボーダレスwifi

支払い方法

・クレジットカード
・口座振替

・クレジットカード
・デビットカード


↑表の通り、どちらもクレジットカード払いがあり、プラス「口座振替、デビットカード」の選択肢があります。

「どんなときもWiFi」は口座振替にすると料金が高くなるデメリットもあります。

 

どんなときもWiFi

ボーダレスwifi

月額料金
(クレカ払い)

3,480円
[無制限]

3,980円
[月100GBまで]
(デビットカード可)

月額料金
(口座振替)

3,980円
[無制限]

2年総額
(10%税込)

・95,172円
(クレジットカード)

・113,982円
(口座振替)

131,032円

124,432円
(500円割引)

118,932円
(500円割+レビュー割)


支払いはクレジットカードが安くてお得です。

料金を比較して分かる通り、「どんなときもWiFi」の方が圧倒的に安いです。

サービス内容からも「どんなときもWiFi」の申込み一択と言っていいでしょう。

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


【どんなときもWiFi、ボーダレスwifi】解約金の違い


お金に羽.PNG

違約金(解約金)だけを比較すると安いのは「ボーダレスwifi」です。

《解約金》(税抜)
契約期間どんなときもWiFiボーダレスwifi
0〜12ヶ月目19,000円9,500円
13〜24ヶ月目14,000円0円
更新月
(25ヶ月目)
0円0円
26ヶ月目以降9,500円0円


「どんなときもWiFi」は縛り期間が2年なので、更新月(0円解約)が25ヶ月目に来ます。

ほとんどの人が25ヶ月目に解約し、新しいサービスに乗換をするはずです。


対して、「ボーダレスwifi」は縛り期間が1年なので13ヶ月経つと0円解約ができます

ただ「ボーダレスwifi」は申込み時に端末19,800円の支払いがあるので、解約金が安いとは言い難いです。
どんなときもWiFiの端末代は0円

僕のオススメは「どんなときもWiFi」が一番ですが、「解約金が安めで、1年縛りが良い」という方には「どこよりもWiFi」の申込みがオススメです。

\契約期間1年、違約金も安め/
>>【どこよりもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


【どんなときもWiFi、ボーダレスwifi】共通点は?


共通点は端末の特徴です。

ただ機種の原型は同じなんですが、「どんなときもWiFi」D1端末の方が性能が上です。

《共通点》

 

どんなときもWiFi

ボーダレスwifi

端末

D1
D1端末、どんなときもWiFi.png

Skyberry GiRa
ボーダレスwifi「Skyberry GiRa」端末.png

国内、海外利用


(上限超えると追加料金)

(機種名は違うが性能はほぼ同じ)

「どんなときもWiFi」「ボーダレスwifi」ともに「国内、海外」を一台で利用できるように発売された「U2s」という機種が原型です。

amazon販売GlocalMe U2s.png
↑uCloudlink社(中国)が開発した端末U2s

スペックを見ると↓

メーカー

uCloudlink
(中国) 

通信量

無制限
(※ボーダレスwifiは上限有)

理論上の速度
・ダウンロード(下り)
・アップロード(上り)

・150Mbps
・50Mbps

実際の速度

下り11~55Mbps

同時接続台数

5台

サイズ
・長辺(縦)
・幅
・厚み
・重さ

(←順番同じ)
・約12cm
・約6cm
・約1.4cm
・約151g

液晶画面

なし

端末で操作できる事

・リセット
・電池残量、電波強度の確認


「どんなときもWiFi」のD1端末の方が、国内3大キャリア(au、docomo、softbank)のLTE回線が使えるし、データ通信無制限

似た機種ですが、「どんなときもWiFi」がいいです。


まとめ(【どんなときもWiFi、ボーダレスwifi】オススメどっち?デメリット・メリット)


どんなときもWiFi VS ボーダレスwifi.png

🚩「どんなときもWiFi」がオススメ

理由は、
安い(2年総額で35,860円も安い)
完全無制限

au、docomo、softbankのLTE回線を使用
★追加料金も無いから安心

デメリット、メリットをまとめると↓

 

どんなときもWiFi

ボーダレスwifi

デメリット

・契約期間が2年
・違約金が標準価格

料金が高い
上限通信量を超えると追加料金あり
端末代金、送料が有料
・SoftBank回線のみ

メリット

・料金が安い
・完全無制限
・au,docomo,softbankのLTE回線が使える
・追加料金なしで安心

・契約期間1年で短め
・解約金が安め


🚩「どんなときもWiFi」の2年縛りに抵抗がある人は、1年縛りの「どこよりもWiFi」がオススメ

以上、客観的に「どんなときもWiFi」「ボーダレスwifi」を比較しましたが「ボーダレスwifi」を選ぶ理由が見つかりませんでした。

ポケットWiFiを数多く比較してきた僕としては「どんなときもWiFi」が総合的にみて今一番オススメできる申込み先です。

特に春先、秋の引越しシーズンは、一気に注文が増えて品薄になるので早めの注文を!

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)



↓契約期間1年がいい人は↓
>>【どこよりもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)