【ブロードWiMAX】WX06,【どんなときもWiFi】D1オススメどっち?ポケットWiFi選択のコツ!

【更新:2020/02/03】
Broad WiMAX「WX06」VS」どんなときもWiFi」.png

数あるポケットWiFiの中であなたは


・「Broad WiMAX」WX06
・「どんなときもWiFi」D1

の2択まで来ました。

どっちを選ぶべきか悩んでるとこだと思います。

スクリーンショット 2019-08-27 19.31.21.png
なやむさん

・WiMAX「WX06」、どんなときもWiFi「D1端末」どっち申込みすべき?
・選択すべきポイントって何?
・繋がりやすいのは?
・性能良いのはどっち?


結論、客観的に比較してオススメは>>【どんなときもWiFi】です。

理由はポケットWiFiで一番重要な「ネットへの繋がりやすさ」が良いからです。

最終的な申込み決断は、あなたの利用用途と照らし合わせて決めると確実です。

両者の良いところに注目してオススメ別に分けました。↓

🚩Broad WiMAX「WX06」がオススメな人
・同時に5台以上の機器(PC、スマホ等)をネット接続する
・自宅でクレードル(拡張機能つき充電台)を使い通信を安定させたい
・電波「2.4GHz」の干渉(接続しづらい現象)が心配な人
・端末の液晶で操作したい人
つまり「WiFiを多数シェア」(家族,友人と)したい人は>>WiMAX【WX06】の申込


🚩どんなときもWiFiがオススメな人↓
繋がりやすい方がいい人
→3大キャリア(au、docomo、softbank)のLTE回線で日本全国をカバー
→障害が起こっても3社分の設備が使えるから安心

◎契約期間が短い方がいい人
→どんなときもWiFiは2年
 (WiMAXより1年短い)
→バッテリーの寿命と言われる2年で乗換できる

◎海外でもWiFi使いたい人
→持って行くだけで使える

つまり「常に安定したネット」+「新機種への乗換が早い」方がいい人は
>>【どんなときもWiFi】の申込


《5段階評価の早見表》↓(☆の数が多い方が良い)

 

Broad WiMAX
WX06
WX06.png

どんなときもWiFi
D1
D1端末、どんなときもWiFi.png

電波エリア

☆☆☆☆
WiMAX 2+回線

☆☆☆☆☆
au、docomo、softbankのLTE回線

通信制限

☆☆☆
3日間で10GBまでの制限

☆☆☆☆☆
・国内:無制限
・海外:1日1GBまでLTE回線。
超過後は速度384Kbpsで無制限。

契約年数

☆☆
3年契約

☆☆☆
2年契約

料金
(2年総額10%税込)

☆☆☆
96,023円
(※3年縛りだが2年で計算)

☆☆☆☆
95,172円

速度

☆☆☆
実測19~45Mbpsで快適

☆☆☆
実測11~55Mbpsで快適

端末性能

☆☆☆☆
液晶画面があり視覚的に分かりやすい

☆☆☆
電源、リセットボタンのみでシンプル

海外利用


利用不可

☆☆☆☆
海外131カ国

補償

☆☆☆
普通のトラブル対応

☆☆☆☆
海外では遠隔サポート有

運営会社

☆☆☆☆
母体が「オールコネクト社」(大きい会社)でサポート体制がしっかりしてる

☆☆☆☆
←同じ

27

35

(45点満点)

両者ともに素晴らしい商品ですが、客観的に公平に比較した結果、「どんなときもWiFi」をオススメに選びました。

「どんなときもWiFi」を選んだ決定的な理由は、「繋がりやすい」「2年契約で縛り期間が短い」ことです。

あなたがこれからWiFiルーターを数年利用するシーンをイメージし、自分の利用目的にあった方を申込みして下さい。

↓同時接続台数5台以上使う人は↓
>>【WX06】申込はコチラ(Broad WiMAX公式サイト)

↓繋がりやすい!縛り期間が短い方がいい人は↓
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)

答えをお伝えしましたが、詳細知りたい方は進んで下さい。


【WX06(Broad WiMAX),どんなときもWiFi】電波エリアの違い


「W06」(WiMAX 2+)のエリア(関東).PNG

モバイルWi-Fiルーターで一番重要視するのは「ネットの繋がりやすさ」。

繋がりやすさを比較する時、電波エリアを参考にします。

結論、エリアが広く繋がりやすいのは「どんなときもWiFi」です。

なぜなら「どんなときもWiFi」は3社分(au、docomo、softbank)の電波が使えるからです。

《5段階評価の早見表》

 

Broad WiMAX
WX06

どんなときもWiFi
D1

電波エリア

☆☆☆☆
WiMAX 2+回線

☆☆☆☆☆
audocomosoftbankのLTE回線

※クリックすると各社エリアマップへ飛び利用範囲を確認できます。

管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

💡電波は基地局(アンテナ塔)の数の多さで繋がりやすさが決まる
[基地局]↓
アンテナ増設中(基地局).PNG基地局増設.png
基地局から発信される電波を手持ちの端末で送受信し、ネット接続ができる。



WiMAX(WX06)の電波


WiMAXの電波は「WiMAX 2+」と呼ばれるもので、日本全国に基地局が設置されてます。

WiMAX 2+は都市部に強い傾向がありますが、地下や山間部が弱い特徴があります。

そのため、繋がりにくい地下などでは、auのLTE回線を借用するシステムが取られています。

端末で電波の切り替えをして、au回線は月7ギガまでの制限があります。
(ギガ放題でもau回線は月7GBまで)


↑↓ 対して


【どんなときもWiFi】が使う回線


「どんなときもWiFi」D1端末は、携帯電話のLTE回線(4G)を使います。

日本3大キャリア(au、docomo、softbank)のLTE回線を利用するので、「都市部、地方、地下など」全国をカバーしてます。

「クラウドSIM」という仕組みでトリプルキャリアLTE回線が使い放題の夢のようなシステムです。

管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

・「クラウド=雲」だが、ここでは「ネット上」の意味。
・SIM=ネット接続に必要な金色の小さいカード
SIMカード.png


「クラウドwifi」「クラウドSIM」、アクセスサーバー、地球.png

しかも「クラウドSIM」のすごいところは、場所に応じて最適な回線を自動選択してくれるんです。

「クラウドwifi」最適な場所「クラウドSIM」よし空いてるSIM.png

なので移動で「都市部、地下、地方」へ行こうが、あなたの場所に応じて「一番繋がりやすい」回線を自動で選んでくれます。

僕がWiMAXでなく、「どんなときもWiFi」をオススメする一番の理由は「クラウドSIM」の回線の自動選択システムがあるからです。

加えて、三社分(au、docomo、softbank)の回線を使えるので、万が一どこか一社で通信障害が起こっても他社回線でカバーできるメリットもあります。

繋がりやすいポケットWiFiが欲しいなら「どんなときもWiFi」で間違いないです!

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


【WX06(Broad WiMAX),どんなときもWiFi】通信制限のあり・なし


結論、完全無制限で使えるのは「どんなときもWiFi」です。
(WiMAXは、3日間で10GBまでの制限あり)

D1端末がネット使い放題なのは、「クラウドSIM」を使用してるからです。

《5段階評価の早見表》

 

Broad WiMAX
WX06

どんなときもWiFi
D1

通信制限

☆☆☆
制限あり

☆☆☆☆☆
制限なし

プラン
(税抜)

●ギガ放題
(月平均3,909円)
3日間で10GBまでの制限有

●ライトプラン
(月平均3,160円)
月7GBまで

●使い放題プランのみ
(月3,480円)
・国内:無制限
・海外:1日1GBまでLTE回線。
超過後は速度384Kbpsで無制限。


↑表の通り、WiMAXにはプランが2つありますが、両方とも通信容量に上限があります。

対して「どんなときもWiFi」は国内LTE回線が本当に使い放題です。
(海外は1日1GBまでLTE回線を利用可。)


WiMAX(WX06)に上限がある理由


WiMAXの場合、端末にSIMカードが一枚挿してネット接続します。

「W06」SIMカード挿入.png

ギガ放題プランであろうが、通信量は一枚のSIMカード容量に限界設定されます。

WiMAXを含むポケットWiFiは「1端末1SIM」の仕組み上、しかたありません。

ギガ放題でも「3日間で10GBまでの制限」なので実質月に100GBまで、高速通信が使える計算になります。
(100GB超えたら、低速で利用はできる。)


↑↓ 対して


【どんなときもWiFi】通信制限なしの理由


ネット無制限、使い放題.png

「どんなときもWiFi」は、次世代通信規格「クラウドSIM」のおかげで本当に無制限です。

D1端末は、SIMカードを挿しません。

代わりにクラウド上のSIM複数枚(無限に)使えるので、上限が無いんです。

「クラウドSIM」山、従来のWi-Fi→3大キャリア「どんなときもWiFi」.PNG

例えば、使用中のSIMが容量いっぱいになったら、次に空いてるSIMを自動で選ぶことを繰り返すので、永遠に完全無制限なワケです。

管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

💡追加料金も一切なしで、ネット仕放題!


今まで「スマホやWiFiルーター」の通信制限に悩まされていた方は、「どんなときもWiFi」を申込みすることで通信量の不安を解消できます。

\au、docomo、softbank回線使え、ネット使い放題/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


【WX06(Broad WiMAX),どんなときもWiFi】最低契約年数の違い


WiFiルーターを契約するとき、契約年数が少ない方が乗換もしやすくて良いです。

結論、「どんなときもWiFi」が2年契約でオススメです。

《5段階評価の早見表》

 

Broad WiMAX
WX06

どんなときもWiFi
D1

契約年数

☆☆
3年契約

☆☆☆
2年契約


WiMAXも素晴らしい商品なんですが、縛り期間が3年と長いです。

今の主流は2年契約で「どんなときもWiFi」は2年縛りです。

バッテリーがヘタり出すのが平均2年と言われてるで、縛り期間は短い方がいいです。


【WX06(Broad WiMAX),どんなときもWiFi】料金比較


料金を比較しても「どんなときもWiFi」の方が安いです。

《5段階評価の早見表》

 

Broad WiMAX
WX06

どんなときもWiFi
D1

料金
(2年総額10%税込)

☆☆☆
96,023円
(※3年縛りだが2年で計算)

☆☆☆☆
95,172円

(WiMAXのライトプラン[月7GBまで]は2年で79,446円)

Broad WiMAXは3年縛りで最初の料金が安めに設定されており安そうに見えますがトータルで計算すると高いことが分かりました。

料金比較でも「どんなときもWiFi」が勝利です。

WiMAXは通信制限もあり、縛り期間も長いのでやはり「どんなときもWiFi」の申込みが良いです。

↓繋がりやすい!縛り期間が短い方がいい人は↓
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


【WX06(Broad WiMAX),どんなときもWiFi】速度はどっちが速い?


結論、WX06、D1の実際の速度は同じくらいで、スピードはどちらも快適です。

 

Broad WiMAX
WX06

どんなときもWiFi
D1

実測速度

☆☆☆
実測19~45Mbpsで快適

☆☆☆
実測11~55Mbpsで快適

理論値の最高速度

・下り:440Mbps
・上り:75Mbps

・下り:150Mbps
・上り:50Mbps

(Mbps:速度単位)

管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

・下り(ダウンロード):動画視聴、Webページ閲覧などネット速度で重要な速度
・上り(アップロード):ファイル添付、写真SNSなどにアップする時の速度


表の通り、理論上の数値だけ見るとWX06の方が速いように見えますがそんな事はありません

ホームページに書かれてる最高速度は、理論上の数値なので現実には記載のような速いスピードは出ません

現実のポケットWiFiの実測は「11~55Mbps」くらいです。
(速度は計測する場所、時間で大きく変わります。)

●WX06[実測コメント]



●「どんなときもWiFi」D1[実測コメント]




ネット通信するのに必要な速度目安は↓

《速度目安》

速度

体感

30Mbps~

◎◎サクサク超快適

10~30Mbps

◎ 快適
  オンラインゲームもOK

5~10Mbps

◯ 動画視聴もOK

1~5Mbps

△ ちょっと遅く感じる
  スマホなら動画観れる

~1Mbpsまで

△△画像読込みが遅い
  動画は止まる


WX06も「どんなときもWiFi」D1端末も10Mbps以下になる事は、考えにくいです。

僕が「どんなときもWiFi」D1端末を都市部で計測した際、下り15Mbps出ており快適でした。

どんなときもWiFi実測値.png

速度面ではWiMAXも「どんなときもWiFi」も快適にネット接続できるスピードが出ると言っていいでしょう。

↓同時接続台数5台以上使う人は↓
>>【WX06】申込はコチラ(Broad WiMAX公式サイト)

↓繋がりやすい!縛り期間が短い方がいい人は↓

>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


【WX06(Broad WiMAX),どんなときもWiFi】端末性能の違い


「端末はどっちが性能いいのか?」と聞かれたら、僕は「どちらも良い端末なので、勝ち負けなし」と回答します。

WX06、D1を簡単に比較すると↓

《5段階評価の早見表》

 

Broad WiMAX
WX06
WX06.png

どんなときもWiFi
D1
D1端末、どんなときもWiFi.png

端末性能

☆☆☆☆
液晶画面があり視覚的に分かりやすい

☆☆☆
電源、リセットボタンのみでシンプル

メーカー

NECプラットフォームズ
(日本)

uCloudlink
(中国)

周波数帯

2つの周波数の同時利用
・2.4GHz
・5GHz

2.4GHzのみ

同時接続台数

16台

5台

電池容量
(数字が大きい方が良い)

3,200mAh

3,500mAh

機能アップ部品

クレードル
(拡張機能つき充電台)


まずWX06ですが、国産メーカーで液晶画面があり、操作性に優れていると思います。

WX06の注目すべきは周波数帯が「2.4GHz」と「5GHz」同時利用できるところです。

WX06「2.4GHz」と「5GHz」同時使用.png

《周波数帯の特性》

 

2.4GHz

5GHz

デメリット

家電と電波干渉(ぶつかる)する事があり、速度が遅くなるケース有

・壁や床などの障害物に弱い
・一部のチャンネルで屋外使用は禁止

メリット

電波が回り込みやすく、壁や床などの障害物があっても繋がりやすい

速度が速くなりやすい


そして同時にネット接続できる機器台数は16台とかなり多いです。

5台以上の機器を一気に使う人は、WX06の申込みが良いと思います。

加えてクレードルと呼ばれる「拡張機能つき充電台」(別売り3,686円)があり、機能を向上させることが期待できます。

[WX06のクレードル(拡張機能つき充電台)]↓
「WX06」クレードル背面.gif

クレードル(拡張機能つき充電台)を使うと

・有線接続(LANケーブル)し通信を安定
・アクセスポイントモードでWiFiルーター代わりにできる
・充電できる

管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

💡アクセスポイントモードとは
(=インターネット中継機)
家で契約してる固定回線のWiFiを「アクセスポイントモード」のWX06を経由してWiFiを飛ばすことが出来る。
通信量は固定回線のWiFiのみ使い、WX06の通信量は一切使わない。


「WX06+クレードルセット」で使うと上記メリットがあります。

↓同時接続台数5台以上使う人は↓
>>【WX06】申込はコチラ(Broad WiMAX公式サイト)


↑↓ 対して


「どんなときもWiFi」D1端末には「拡張機能つき充電台」はありません

そして同時接続台数は5台までなので、5台以上の機器を一気に接続したいならWX06の方がいいです。

D1端末は作りがシンプルです。

D1端末、左側面リセット、電源ボタン.png
↑ボタン2個だけ。

周波数帯は「2.4GHz」のみ。

(※2.4GHzのみで十分満足いくネット接続できます。)

D1端末、状況.png D1端末ランプ表示.png

D1端末の良いところは、「液晶画面がないところ」だと思います。

というのも、液晶がある端末は電池の減りが早いからです。


管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

💡D1端末に画面がなくても不便じゃない!
管理データなど詳細をみたい時は、スマホやPCなどで管理画面にログインすればすぐ確認できます。
D1に画面がなくて不自由に感じることはありません。
D1端末、管理画面ログイン完了.png
↑スマホでログイン


画面が無いメリットは、端末が熱くなりにくく、バッテリーの持ちもいいです。

普通に使えば12時間は連続通信できます

D1端末は、シンプルな作りだけど出来る事はすごい。

通信無制限
海外へも持っていくだけでネット接続できる

>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


【どんなときもWiFi】は海外でネット接続できる


海外、地球、国旗.png

「どんなときもWiFi」の大きいメリットは海外利用できるところです。
(WiMAXは国内使用のみ)

 

Broad WiMAX
WX06

どんなときもWiFi
D1

海外利用


利用不可

☆☆☆☆
海外131カ国
(国数は増える可能性あり)


D1端末は、現在(2020/02/01)世界131カ国で利用できます。

嬉しいポイントは、

海外へ持って行くだけでネット接続可
★海外料金は、電源入れた日のみ発生

海外使った日だけ請求.png

↓海外料金は、一日単位で加算されます。

海外地図「どんなときもWiFi」.png

そして海外では、1日1GBまでLTE回線が使えて、1GBを超過した場合、速度が384Kbpsになり無制限になります。

速度が384Kbpsになっても、たいがいの事はできるので安心して下さい。

384Kbps速度で出来ること.png

\海外へ持って行くだけでネット接続可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


【WX06(Broad WiMAX),どんなときもWiFi】オプション補償はどう違う?


《5段階評価の早見表》

 

Broad WiMAX
WX06

どんなときもWiFi
D1

補償

☆☆☆
普通のトラブル対応

☆☆☆☆
海外では遠隔サポート有
(オプション未加入でも付く)

オプション費用

・安心サポートプラス「550円/月」
安心サポートプラス.PNG

・My Broadサポート「907円/月」
「My Broadサポート」.PNG

・okaimoa「600円/月」
okaimoaオプション.png

あんしん補償「400円/月」
「あんしん補償」.png


結論、「WX06、どんなときもWiFi」ともにオプション補償の加入はオススメしません。

なぜならメーカー保証1年間が無料でついてるし、そうそう端末を壊すことは考えにくいからです。
(特にD1端末は、画面が無いからカバンに入れっぱなしになる事が多い。)

どうしても端末を破損させる心配のある人だけ加入すればいいです。

オプション不要とお伝えしましたが、一応内容をさらっと紹介します。


Broad WiMAXのオプション補償


●安心サポートプラス「550円/月」

安心サポートプラス.PNG

ホームページには保証内容が小難しく書いてますが、

「端末壊した時、無料で交換できますよ。」
「でも盗難・紛失は対象外ですよ。」

っていう補償です。

ぶっちゃけ、いらないと思います。

端末をそうそう壊すことって無いですよね?

無くした時は対象外だし。。


●My Broadサポート「907円/月」

「My Broadサポート」.PNG

My Broadサポートは、

「パソコンの使い方が分からない」
「セキュリティが心配」

な方に向けて、サポートをしてくれるオプションです。

う~ん、今どきネットで調べて大体のことは解決できるし、普通に無料も問い合わせ窓口に電話して聞くだけで十分だと思います。


●okaimoa「600円/月」

okaimoaオプション.png

ネットショッピングをよくする人に向けて7,000円分のクーポンがつくオプションです。

クーポンがどうしても欲しい人は同時申込みもありかも知れません。


【どんなときもWiFi】あんしん補償「400円/月」


「あんしん補償」.png

D1端末の「あんしん補償」は「国内、海外」で補償内容が変わります

《国内利用》↓

 

あんしん補償
加入

あんしん補償
未加入

破損
(落下,水濡れ)

・費用:無料
・中古品A(キレイな状態)に交換

・費用:18,000円
・新品に交換

盗難・紛失

・補償対象外
・カスタマーセンターに電話
0120-048-277
(11:00 ~ 18:00[月~土 / 年末年始除く])
・費用18,000円

←同じ


《海外利用》

 

あんしん補償
加入

あんしん補償
未加入

破損

(落下,水濡れ)

・費用:無料
・中古品A(キレイな状態)に交換

・費用:18,000円
・新品に交換

※盗難・紛失

無料交換
・中古品A(キレイな状態)

[手続き]↓
・カスタマーセンターに電話
0120-048-277
ブラステル」電話サービスがオススメ。
 (海外から日本(フリーダイヤル含む)へ通話可)
or
・Emailで連絡
(お客様ページからログイン)

←同じ

(※海外は盗難を想定し、利用料に保証を含んでる。盗まれても0円で中古品に交換

「どんなときもWiFi」なら海外で万が一、盗難にあっても端末代金を弁償しなくていいんです。

さらに、「あんしん補償」に加入してなくても海外では遠隔操作サポートを受けられます

海外、遠隔操作サポート.png

「どんなときもWiFi」はオプション補償なくても充実したサポートがあります

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/
 >>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


【WX06(Broad WiMAX),どんなときもWiFi】運営会社を比較


Broad WiMAX、どんなときもWiFiを運営してる会社は違うんですが、実は親会社は同じなんです。

《5段階評価の早見表》

 

Broad WiMAX
WX06

どんなときもWiFi
D1

5段階評価

☆☆☆☆

☆☆☆☆

運営会社

株式会社リンクライフ
(Link Life)

株式会社グッド・ラック

親会社

株式会社ALL CONNECT
(オールコネクト)

↑会社名をクリックすると会社概要へ飛びます。

結論、「Broad WiMAX、どんなときもWiFi」ともに運営会社は信頼できます。

両社インターネット事業を基盤として成功してる会社です。

同じ系列の会社なので、共通点があります。

《共通点》↓

サービス名

内容

いつでも解約サポート

違約金なしで他社へ乗換

初期契約解除

8日以内キャンセル


↑↓ 対して

系列が同じ会社でも解約金は大きく違うので、注意です。

《違約金(解約金)の比較》(税抜)

契約期間

Broad WiMAX

どんなときもWiFi

0〜12ヶ月目

28,500円

19,000円

13〜24ヶ月目

23,500円

14,000円

25ヶ月目

9,500円

0円
(更新月)

26ヶ月目以降

9,500円

9,500円

37ヶ月目

0円
(更新月)

9,500円

(更新月:Broad WiMAXは3年毎、どんなときもWiFiは2年毎

Broad WiMAXの解約金は、高額かつ3年契約だし「どんなときもWiFi」を選ぶ方が安全です。

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


まとめ(【ブロードWiMAX】WX06,【どんなときもWiFi】D1オススメどっち?)


Broad WiMAX「WX06」VS」どんなときもWiFi」.png

🚩客観的に比較して、オススメは「どんなときもWiFi」

理由は、ポケットWiFiで一番重要な「ネットへの繋がりやすさ」が良いから。

両者の良いところに注目してオススメ別に分けると↓

「WiFiを多数シェア」(家族,友人と)したいなら、Broad WiMAX「WX06」
「常に安定したネット」+「新機種への乗換が早い」方がいいなら「どんなときもWiFi」

たくさんポケットWiFi比較してきた僕の意見としては、絶対後悔しない「どんなときもWiFi」です。


最終的には、あなたが利用する目的に合わせ「自分にマッチ」する方を申込みして下さい。

↓同時接続台数5台以上使う人は↓
>>【WX06】申込はコチラ(Broad WiMAX公式サイト)


↓繋がりやすい!縛り期間が短い方がいい人は↓
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)