【どんなときもWiFi】D1,【Mugen WiFi】U2s同じ端末?オススメどっち?比較で驚きの事実が分かった!

どんなときもWiFivsMugen WiFi.png

ポケットWiFi選ぶの難しいですよね。

そんな中あなたは、

・「どんなときもWiFi」D1端末
・「Mugen WiFi」U2s端末

の2択まで来て、まだ疑問が残ってませんか?


スクリーンショット 2019-08-27 19.31.21.png
なやむさん

・D1、U2sは同じ端末?ならエリア、速度も同じ?
・ぶっちゃけ、どっち選んだらいいの?
・トータル料金安いのどっち?
・契約期間同じ?
・解約費用安いのどっち?
・他に注意する点は?


結論、「どんなときもWiFi」D1と「Mugen WiFi」U2sは同じ機種です。

「どんなときもWiFi」が呼び名を変えてるだけで「速度、エリア」も同じで「縛り期間2年」も一緒。

でオススメするのは「どんなときもWiFi」です。

2年トータルの料金が1,980円高くなりますが「違約金、補償内容」の良さで判断しました。

★「どんなときもWiFi」を選んだ理由↓

🚩Mugen WiFiの解約金が高すぎる
(どんなときもWiFiより11,000円高い

🚩補償内容が良い
(どんなときもWiFi:海外利用で盗難・紛失にあっても端末無料提供

客観的に見て比較したんですが、「Mugen WiFi」1年以内の違約金が30,000円とあまりに高いので、その支払いリスクを避けました。


2年総額差もたいした額ではないので「どんなときもWiFi」を選んだ方が安心して長く使えます。

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)

答えを最初にお伝えしましたが、詳細知りたい方は進んで下さい。

◆【どんなときもWiFi】D1,【Mugen WiFi】U2sの違う点は??

まず一番驚いた違約金(解約金)の違いから見て行きましょう。

違約金(解約金)の違い【どんなときもWiFi】D1,【Mugen WiFi】U2s


お金、電卓.PNG

どんなときもWiFi、Mugen WiFiともに2年の最低利用期間があるので、途中解約した場合の解約金を知っておく必要があります。

結論、Mugen WiFiの違約金(解約金)はめっちゃ高いです。↓

《違約金(解約金)》(税抜)

契約期間

どんなときもWiFi
D1

Mugen WiFi
U2s

0~12ヶ月目

19,000円

30,000円

13~24ヶ月目

14,000円

25,000円

更新月
(25ヶ月目)

0円

0円

26ヶ月目~

9,500円

9,500円

(以降2年毎の更新月を繰り返す)

2年以内に注目すると11,000円もMugen WiFiの違約金が高いです。

通信各社の違約金を見てきましたが、一番高いです。

Mugen WiFiは30日返金保証があるから、違約金を高くしてるのかも知れませんが、それにしても30,000円!?

そもそもU2sはアマゾンで17,990円で販売されてる端末なので、30,000円は高すぎます。

\8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


返金保証の違い【どんなときもWiFi】D1,【Mugen WiFi】U2s


お金を受け取る.jpg

万が一に備えて、どんなときもWiFi、Mugen WiFiともに返金保証がありますが日数、負担額などが異なります。

《返金保証》(税抜)
 

どんなときもWiFi
D1
(初期契約解除)

Mugen WiFi
U2s

返品までの期間

8日間

30日間

負担額

・返送料
・事務手数料3,000円

・返送料
・事務手数料3,000円
・返却処理手数料1,080円

欠品時の機器代

18,000円

20,000円



「どんなときもWiFi」初期契約解除


どんなときもWiFiは初期契約解除(8日以内キャンセル)という名の保証があります。 

8日以内に手順に従って一式を返品すれば違約金(解約金)はかかりません。

《初期契約解除の流れ》

1.初期契約解除申請書の印刷、記入
印刷ページ

(印刷できない人は白紙に以下、必要事項を書くのでもOK)

<必要事項>
・サービス契約書面に記載の契約ID
・契約者名
・契約電話番号
・契約者住所

2.端末一式+フォーマットを返送する

<必ず返却する物>
・端末本体
・個装箱(本体が入ってる黒い箱)
D1端末、個装箱(黒い箱).jpg

<できれば返却する物>
・付属USBケーブル
・ストラップ
・取扱説明書

<返送方法>
「佐川急便」、「ヤマト運輸」、「ゆうパック」のいずれか。
※配達伝票の品名に「初期契約解除」と記載する。

<返送先>
〒289-1608 
千葉県山武郡芝山町岩山2313-4
丸全昭和運輸㈱ D棟3F
株式会社グッドラック
どんなときもWiFi受付窓口


「事務手数料3,000円、返送料」はかかりますが、上記手続きを8日以内に実行すればで違約金なしで解約できます。

>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


↑↓ 対して


「Mugen WiFi」返金保証


Mugen WiFi全額返金.png

Mugen WiFiは30日間の返金保証があります。

 

Mugen WiFi
U2s

返品までの期間

30日間

負担額

・返送料
・事務手数料3,000円
・返却処理手数料1,080円

欠品時の機器代

20,000円


《Mugen WiFi返金保証の流れ》(30日お試し)

1.問合せフォームから30日以内に連絡
https://mugen-wifi.com/contact.html

「安心全額返金保証希望」「解約理由」の内容で送信。

※返金を受けるには「追跡番号(運送会社から与えられる番号)」がいりますが、返送先住所の指示を受けてから「Mugen WiFi」に連絡する。

2.指定住所に端末一式を返却

3.運送会社からもらった「追跡番号」を「Mugen WiFi」に連絡。

「安心全額返金保証希望」「解約理由」+「追跡番号」の内容で送信。

「Mugen WiFi」のホームページには返金手続きに関する詳細は記載されていません。

会社設立年月日が2019年6月1日とかなり新しい会社なので、仕方がないのかも知れませんね。

「どんなときもWiFi」のホームページがいかに分かりやすいか体感しました。



オプション補償の違い【どんなときもWiFi】D1,【Mugen WiFi】U2s


個人的にはオプション補償は不要だと考えてますが、内容をしっかり把握して判断して下さい。

《オプション補償の早見表》(税抜)

 

どんなときもWiFi
D1
あんしん補償

Mugen WiFi
U2s
Mugen WiFi補償

月額

400円

500円

途中加入

×

×

途中解約

×


↑注目すべきは「Mugen WiFi」は一旦オプション補償入ると解約できません

もしMugen WiFi補償に加入するとずっと月額料金が「3,280円+500円」=3,780円になるので注意です。

もう少し詳しく見て行きましょう。


どんなときもWiFi「あんしん補償」


「あんしん補償」.png

実はどんなときもWiFiは、オプション補償に入ってなくても手厚いサービスがあります

特に海外利用時の紛失・盗難にあった場合、無料で端末提供てくれるところがメリットです。
(※Mugen WiFiは補償加入、未加入に関わらず20,000円の機器代がいる。)

《「どんなときもWiFi」国内利用》↓
 

あんしん補償
加入

あんしん補償
未加入

破損
(落下,水濡れ)

・費用:無料
・中古品A(キレイな状態)に交換

・費用:18,000円
・新品に交換

盗難・紛失

・補償対象外
・カスタマーセンターに電話
0120-048-277
(11:00 ~ 18:00[月~土 / 年末年始除く])
・費用:18,000円

←同じ



《「どんなときもWiFi」海外利用》

 

あんしん補償
加入

あんしん補償
未加入

破損
(落下,水濡れ)

・費用:無料
・中古品A(キレイな状態)に交換

・費用:18,000円
・新品に交換

※盗難・紛失

無料交換
・中古品A(キレイな状態)
■手続き
・カスタマーセンターに電話
0120-048-277
 「ブラステル」電話サービスがオススメ。
 (海外から日本(フリーダイヤル含む)へ通話可)
or
・Emailで連絡
 (お客様ページからログイン)

←同じ

(※海外は盗難を想定し、利用料に保証を含んでる。盗まれても0円で中古品に交換

\オプション無しでも手厚いサービス/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


↑↓ 対して

Mugen補償プラン


Mugen WiFiオプション補償.png

 

Mugen WiFi
U2s
Mugen WiFi補償

月額

500円

途中加入

×

途中解約

×

対象

・自然故障
・水濡れ
・破損故障、全損

対象外

盗難、紛失
・故意による破損
・改造による破損
・色落ちなどの劣化

備考

・水没、全損は新品交換
・1度補償を受けて12ヶ月以内に再度受ける場合、1台につき20,000円
・補償プラン未加入の機種交換代:20,000円/台


注目したいのは、オプション補償に加入してても「盗難・紛失」が対象外になるところです。

海外は特にスリなどが多いので、端末が無くなった時の補償がないのはイタイです。(泣)

Mugen WiFiのホームページをすみずみまで読みましたが、汲み取れた内容は以上でした。


明記の仕方や、補償内容を比べて「どんなときもWiFi」が良い印象を受けました。


解約方法の違い【どんなときもWiFi】D1,【Mugen WiFi】U2s


解約方法も「どんなときもWiFi」はしっかり明記されており、分かりやすいです。

Mugen WiFiホームページには「解約手続きは問合せフォームから連絡」のみしか書かれておらず、不親切だと言わざるを得ません。

どんなときもWiFi解約方法


1.解約手続きを依頼する

契約解除申請フォーム依頼
(会員ページにログイン要)
or
・電話依頼
0120-048-277
グッドラックサポートセンター
【受付時間】11:00 ~ 18:00
【受付日】月~土(年末年始は除く)

2.端末一式を返却

※返却住所

〒141-0022
東京都品川区東五反田1丁目2番33
白雉子ビル7F
グッドラックサポートセンター宛

返却期限

解約月の翌月10日までに到着

★守ること
(守れない場合、機器損害金18,000円発生)

・翌月10日以内に到着
・故障、破損がない
・端末、個装箱(端末を入れる黒い箱)の返却

※初期契約解除のときと住所は異なる

↑↓ 対して

Mugen WiFiの解約について


Mugen WiFi解約方法のスクショ.png

Mugen WiFiの解約に関する情報は「問合せフォームに連絡したら詳細を教えてもらえる」だけでした。

見つけた情報は↓

《注意点》
2年以内の解約で端末返却できなかったら「契約残月数×1,600円」が請求される。

《良い点》
契約から「25ヶ月目以降は端末返却は不要」ってとこでした。

利用規約も読みましたが記載がありません。

ちょっと不親切じゃないですか?

いつまでに解約申請したら当月解約できる等の詳細が分かりません。

やはりちゃんと情報が整っている「どんなときもWiFi」が良いとハッキリ言えます。

>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)

料金の違い【どんなときもWiFi】D1,【Mugen WiFi】U2s


お金.PNG

月額料金、2年間総額ともに「Mugen WiFi」U2s端末が安いです。

 どんなときもWiFi D1 Mugen WiFi U2s

月額
(税抜)

3,480円

3,280円

初期費用
(税抜)

事務手数料3,000円

・事務手数料 3,000円
・初期設定費用3,000円

2年総額
(10%税込)

95,172円

93,192円

差額

1,980円


↑「Mugen WiFi」は月額料金が安く設定する代わりに初期費用を高めにしてます。

僕が発見した「Mugen WiFi」U2sのたった一つのメリット「料金が少し安い」ことです。

海外料金の違い


続いて海外利用時の比較でも「Mugen WiFi」の方が安い設定です。

 どんなときもWiFi D1 Mugen WiFi U2s

アジア,オセアニア,ヨーロッパ,北米

1,280円/日

1,200円/日

中東,南米,アフリカ

1,880円/日

1,600円/日


中東、南米、アフリカで利用する際は280円も1日で差があるのは、驚きの結果ですね。

料金だけに注目すると「Mugen WiFi」の方がいいように見えます。

管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

共に「クラウドSIM」を使い世界107カ国で利用可能。
1日1GBまでのデータ量です。
1GBを超えたら、当日「LTE回線」から「384Kbpsの低速(無制限)」に自動で切り替わりますよ。


支払い方法の違い


ほとんどの方がクレジットカードで申込みされると思いますが、クレカ持ってない方は、どんなときもWiFiなら口座振替もあります!

 

どんなときもWiFi
D1

Mugen WiFi
U2s

クレジットカード

◯ ↓対応会社
・AMERICAN EXPRESS
・DinersClub
・JCB
・MasterCard
・VISA

◯ 
←同じ

口座振替


(月額3,980円にup)

× 不可


どんなときもWiFi、Mugen WiFiともに以下のカードは不可です。

×デビットカード
×プリペイドカード
×海外契約のクレジットカード


会社概要【どんなときもWiFi】D1,【Mugen WiFi】U2s


どんな会社が運営してるか調べたところ、どんなときもWiFiは安心できる会社と率直に感じました。

対して「Mugen WiFi」は2019年6月1日に設立されたばかり出来たてホヤホヤの会社であることが分かりました。

まず「どんなときもWiFi」から
どんなときもWiFiのロゴ.png

運営会社

株式会社 グッド・ラック
http://good-luck-corporation.co.jp

代表取締役

佐々木 允浩

設立日

2010年3月17日

本社住所

〒910-2178
福井県福井市栂野町第15号1番地2

TEL

0120-048-277
※この番号から申込は不可

E-MAIL

support@donnatokimo-wifi.jp

事業内容

インターネット接続サービス
インターネット会員サービス
その他インターネット関連事業

事業者区分

D-27-00408


「グッド・ラック」は主に4つ事業を運営してます。

 グッド・ラックの4つ運営事業.png

・どんなときもWiFi
・NEXT mobile
・One Mobile
・モバレコAIR

また株式会社グッド・ラックは「株式会社 ALL CONNECT(オールコネクト)」の子会社でもあります。

株式会社 ALL CONNECT(オールコネクト)
https://www.all-connect.jp/company/data.php

オールコネクトさんの連結売上高をみると355億円!

通信事業で大きく業績をあげている会社です。

>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


↑↓ 対して

「Mugen WiFi」の運営会社は
ロゴ、Mugen WiFi.png

運営会社

株式会社surfave
https://www.surfave-inc.com/

運用責任者

佐藤 智之

設立日

2019年6月1日

所在地

東京都渋谷区恵比寿1丁目15−9 シルク恵比寿

TEL

0120-541-802
平日11:00-19:00まで
※年末年始は除く

事業者区分

届け出番号:A-01-17268
届け出年月日:令和元年8月6日


運営会社のsurfaveホームページを見て驚いたんですが、何も情報がない!!(゜o゜;

問合せフォーム、電話番号もあるので連絡はつくとは思いますが、会社の正体が分からないと申込みするのが怖い人もいるのでは...

さて、ここまで「どんなときもWiFi」、「Mugen WiFi」の違う点を紹介してきましたが、次は共通点。


共通点【どんなときもWiFi】D1,【Mugen WiFi】U2s


D1端末手に持つ.png

端末が同じなのでエリア、速度は変わりません。

ついでに最低契約期間も2年で同じです。

縛り期間

2年

通信スタイル

「クラウドSIM」

端末の返却


(25ヶ月目~Mugen WiFiのみ「不要」)

国内

・au、docomo、softbankのLTE回線
・完全無制限

海外

世界107カ国
・1日1GBまでLTE回線
(1GB超過後、384Kbps速度で無制限)

理論上の最高速度
・ダウンロード(下り)
・アップロード(上り)

・150Mbps
・50Mbps

実際の速度

19~55Mbps
(場所、時間によって変わるが問題ないスピード)


実測値の[ツイッターのコメント]も載せておくので参考に!
(Mugen WiFiはまだ発売されたばかりでありませんでしたが、速度は同じと考えてOK)

[どんなときもWiFiの実測ツイッターのコメント]



まとめ(【どんなときもWiFi】D1,【Mugen WiFi】U2s同じ端末?オススメどっち?)


どんなときもWiFivsMugen WiFi.png

🚩「どんなときもWiFi」D1と「Mugen WiFi」U2sは同じ機種で「速度、エリア」も同じ

オススメは「どんなときもWiFi」で理由は、↓

🚩Mugen WiFiの解約金は高すぎる
どんなときもWiFiより11,000円高い

🚩補償内容が良い
(特に海外利用で盗難・紛失にあっても端末無料提供

公平な目線で比較したんですが、2年トータル料金が少し安い「Mugen WiFi」より、「どんなときもWiFi」の方が会社も大分しっかりしてるし、問合せしたときも対応が良かったです。

僕の友人にも、記事内容と同じことを伝えて勧めました。

「どんなときもWiFi」段ボール箱、外箱、納品箱.png

「どんなときもWiFi」今すごい人気なので品切れ前にどうぞ!

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/