どんなときもWiFi「D1」とアマゾン販売「GlocalMe U2s」どう違う?同じ端末?申込みは●●がオススメ!

GlocalMe U2s「どんなときもWiFi」D1端末とどう違う?.png

「どんなときもWiFi」申込み前でこんなこと疑問ありませんか?

スクリーンショット 2019-08-27 19.31.21.png
なやむさん

・「どんなときもWiFi」D1端末、「amazon販売のGlocalMe U2s」どっち申込みすべき?
・端末同じように見えるけど何が違う?
・amazonで販売してる端末は、購入後どこかプロバイダー契約?


結論、「どんなときもWiFi」申込みがオススメです。

どんなときもWiFi「D1」、amazon販売の「GlocalMe U2s」は同じ端末ですが「手続き、利用方法」は「どんなときもWiFi」が圧倒的にラクです。

Amazon販売の端末を購入したら、自分で

・スマホアプリをダウンロード
・設定、紐付け作業
・パッケージプラン購入(PayPal決済等)

など何かと手間が多く、正直ややこしいです。

対して「どんなときもWiFi」なら普通に申込みするだけで「海外、国内」とも手続き無しで使えます。

簡単で料金プランもシンプルで分かりやすい。

「どんなときもWiFi」申込みの一択と言っていいでしょう。

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/



利用開始までの比較【どんなときもWiFi、amazon販売GlocalMe U2s】


男性外でネット接続.PNG

結論「どんなときもWiFi」の方が早いし簡単で分かりやすいです。

《どんなときもWiFi利用開始まで》

・「どんなときもWiFi」公式サイトから申込み
(クレジットカード払い、口座振替払いを選択)

・端末届いたらID、パスワードを接続したい機器(スマホ、PCなど)で入力
[D1端末の背面シールにID、PW記載]

D1端末、裏面。SSID、パスワード書いてる.png

・利用開始

日本国内
(データ無制限)

海外
(データ1日1GBまで。
超えたらその日、低速384Kbpsになる)

・クレジットカード払い
月額3,480円

・口座振替払い
月額3,980円

★海外利用するのに手続き不要
渡航先で電源入れたら使える。
(電源OFFの日は課金なし)
・1,280円/日
(アジア,オセアニア,ヨーロッパ,北米)

・1,880円/日
(中東,南米,アフリカ) 


「どんなときもWiFi」は申込みから利用開始(国内、海外)まで超シンプルです。

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)

↑↓ 対して

《GlocalMe U2sの単体購入》

・端末購入
amazon販売GlocalMe U2s.png

・スマホアプリをインストールし、GlocalMeアカウント作成

・GlocalMe端末とアカウントひもづけ(スマホでQRコード読み取り)

・「チャージ(課金)」or「パッケージ(プラン)購入」
GlocalMeの公式ページからログインしてプラン手続き。
端末購入時、1GB分だけ使える設定になってる。
しかし、そのあと自分でチャージやプラン購入しないとGlocalMeは使えません。

・スマホでネット接続
 接続機器(スマホ、PCなど)でSSID、PW入力。

どうでしょうか?GlocalMe端末を用意したらやること多くないですか?

「どんなときもWiFi」は申込みしたら何の手続きしなくて、すぐ国内、海外で使えます。

しかしamazon販売のGlocalMe U2sを購入すると面倒臭いし、ややこしいです。

分かりやすさ、簡単さの点で「どんなときもWiFi」の申込みがいいでしょう。

\au、docomo、softbank回線使え、8日以内キャンセル可能/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)



料金どのくらい違う?【どんなときもWiFi、amazon販売GlocalMe U2s】


お金、電卓.PNG

「どんなときもWiFi」と「自分で入手したGlocalMe端末」の利用料金は一概に差は言えません。

なぜなら、自分で端末購入したGlocalMe U2sはプランも選べるし、チャージも自由に組み合わせるからです。

 

どんなときもWiFi

amazon販売GlocalMe U2s
(自分で端末のみ購入)

国内

・クレジットカード払い
月額3,480円

・口座振替払い
月額3,980円

好きな金額を「チャージ」や「パッケージ(プラン)」購入。

海外

・1,280円/日
(アジア,オセアニア,ヨーロッパ,北米)

・1,880円/日
(中東,南米,アフリカ) 

↑上と同じ。
チャージ金額もバラバラ、行く国によってパッケージ金額も異なる。






管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

💡「どんなときもWiFi」の海外利用は、渡航先で電源入れたらネット接続可能
(電源OFFの日は料金かからない。)


どんなときもWiFiは↑見てもらっった通りシンプルで、どれだけ使おうが上記金額から変わらないし安心です。

しかし、amazon販売のGlocalMe U2sは自分でプランを決めないといけません。

GlocalMe端末を使えるようにするには、「チャージ(課金)方法」or「パッケージ(プラン))購入」の必要があります。

《GlocalMe U2sの利用方法》

●チャージ(課金)方法
・スマホアプリでチャージ
PayPal決済で日本のクレジットカード支払いが可能
20ユーロ分など、買いたい分の金額を支払い

●パッケージ(プラン)購入
・行きたい国の利用料金プランを支払い
(複数国利用するプランは高い)

GlocalMeの公式ページからログインしてプラン購入します。

GlocalMeログイン画面.png


正直、自分で端末買ってプランを組み立てるのは上級者向けです。

ややこしい設定など面倒だと思う方、「どんなときもWiFi」なら簡単にすぐネット接続できますよ。

\シンプルで分かりやすい!コスパも良い/
>>【どんなときもWiFi】申込はコチラ(公式サイト)


ローカル(現地の)SIM挿し込み可能


ローカルSIMの説明書.png

GlocalMe端末(どんなときもWiFi含む)は「クラウドSIM」を利用できるので通常SIMカードを挿しません。

しかし現地のSIMカードを挿入すれば、SIMフリーのポケットWiFiとしても利用はできます。

ですが、現地で入手するのは手間でしょう。

もし短期利用(1ヶ月等)で海外利用を考えているなら「NOZOMI WIFI」の超大容量プランがオススメです。

NOZOMI WIFI

管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

💡「どんなときもWiFi」は2年契約の縛りがあります。
NOZOMI WIFIは月額料金がやや高め。
(どんなときもWiFiより300円高い)
短期利用ならNOZOMI WIFIの選択もOK。


「NOZOMI WIFI」なら最短1ヶ月で解約できて海外、国内ともに利用できます。


U2s端末が送付され、国内は月額3,780円。

海外利用も特に設定不要。

超大容量プラン」申込みし、海外用に1,000円チャージすると1日500MB(メガバイト)使えます。

>>【短期利用】NOZOMI WIFI申込はコチラ(公式サイト)


まとめ(どんなときもWiFi「D1」とamazon販売「GlocalMe U2s」どう違う?)


GlocalMe U2s「どんなときもWiFi」D1端末とどう違う?.png

🚩どんなときもWiFi「D1」、amazon販売「GlocalMe U2s」は同じ端末

🚩「手続き、利用方法」は「どんなときもWiFi」が圧倒的にラク

Amazon販売GlocalMe U2sを購入した場合、自分で

・スマホアプリをダウンロード
・設定、紐付け作業
・パッケージプラン購入(PayPal等)

等をやるので手間が多くややこしい。

🚩短期利用(1ヶ月など)なら「NOZOMI WIFI」超大容量プランがオススメ
 最短1ヶ月で解約可能

以上、「どんなときもWiFi」D1端末、amazon販売GlocalMe U2sの違いについて紹介しました。

他の商品でもそうですが、全ての段取りできてる商品(セット、環境、料金)申込みがラクです。

自分で色々組み合わせする商品は上級者で難しいことが好きな方向けです。

簡単に終わらせる事ができるなら利用し、余った時間を本当に使いたい事に時間投資して下さい。

では!

\海外利用カンタン、料金プランも分かりやすい/