【どんなときもWiFi】「ベーシック」と「データ放題プラン」何が違う?料金、支払い方法が異なるだけ?

ベーシック、データ放題プラン何が違う?.png

「どんなときもWiFi」料金プランのとこ見て「うん?」と疑問持ってませんか?

スクリーンショット 2019-08-27 19.31.21.png
なやむさん

・データ放題プラン、ベーシックデータ放題プラン何が違う?
・料金は違うけど、ベーシックの意味は?
・端末、通信の種別、通信量とかが異なるの?


結論、「ベーシックデータ放題プラン」、「データ放題プラン」の違いは料金、支払い方法のみです。

使う端末、通信量、データ種別は全く同じです。

ベーシックは「基本」という意味ですが、なぜ口座振替払いの料金プランに「ベーシック」をつけたんでしょうか。

プラン名を分けたかったのは、分かるんですが。。。

ま、とにかく料金、支払い方法だけ違うので、ご自身の好みに合わせて申込みして下さい。



「ベーシックデータ放題プラン」、「データ放題プラン」どっちにすべき?


「どんなときもWiFi」の料金プランの選択ならやはり「データ放題プラン」(クレジットカード払い)を選択したほうが良いでしょう。

理由はシンプルに料金が安いからです。

《月額料金の比較表↓》(税抜)

 

1~24ヶ月目

25ヶ月目~

ベーシックデータ放題
(口座振替払い)

3,980円

4,410円

データ放題
(クレジットカード払い)

3,480円

3,980円

差額

500円

430円


《2年間料金の比較表↓》

 

税抜

10%税込

ベーシックデータ放題
(※口座振替払い)

100,320円

110,352円

データ放題
(クレジットカード払い)

83,520円

91,872円

差額

16,800円

18,480円

(口座振替:手数料、毎月200円を含めて計算)

同じものを使うのに2年で18,000円以上も差があるので、安いクレカ払いで行きましょう。



ベーシックデータ放題プランの特徴
(口座振替払い)


「どんなときもWiFi」口座振替料金プラン矢印.png

ベーシックデータ放題プラン(口座振替払い)は、

▲月額料金+手数料200円が毎月かかる
▲申込みの際、本人確認書類(運転免許証・保険証・パスポート・住民基本台帳カード・障碍者手帳)の提出が必要
▲端末受け取りは、代金引換
(契約事務手数料3,000円等を商品と引換に受取時に支払う)

高いし、面倒な手続きがあります。

メリットとしてはクレジットカードを持っていない人が申込みできる事です。


データ放題プランの特徴
(クレジットカード払い)


「どんなときもWiFi」料金プラン矢印(クレジットカード払い).png

クレジットカード払いは、安いし、手間も少ないので楽です。


同じ端末、電波、通信量(使い放題)ならクレカ払い選択が断然オススメです。

「どんなときもWiFi」クレジットカード、口座振替払い早見表.png



まとめ(「ベーシック」「データ放題プラン」何が違う?)


ベーシック、データ放題プラン何が違う?.png

🚩「ベーシックデータ放題プラン」、「データ放題プラン」の違いは料金、支払い方法のみ

🚩使う端末、通信量、データ種別は全く同じ

🚩料金は2年で18,480円も「データ放題プラン」(クレジットカード払い)の方が安くなる

これで料金プランの疑問が解決できたと思います。

今「どんなときもWiFi」超人気らしいので、品切れの前にどうぞ!