【auひかり】から【どんなときもWiFi】切り替えて問題ない?通信エリア、料金、利便性を確認して納得したら申込みしましょう!

「auひかり」→「どんなときもWiFi」乗り換え?.png

「auひかり」から「どんなときもWiFi」乗り換えを検討してるけど、直前で悩んでませんか?


あなたのシチュエーションは、お家は戸建てでインターネットは主である自分しか使わず、妻、子供は使っていない。

そして悩みは↓

スクリーンショット 2019-08-27 19.31.21.png
なやむさん

・今「auひかり」の光回線でネットしてるけど2階の自分の部屋までWi-Fiちゃんと来ない
・スマホなんか勝手に4G に切り替わる
・それに光回線の料金高い
・ポケットWiFiの「どんなときもWiFi」なら自分の部屋に持ち運べるし、外出先でも使えて利便性がいい
・「auひかり」から「どんなときもwifi」に切り替えても問題ないかな?


結論、「どんなときもWiFi」に乗り換えて問題ありません。


「どんなときもWiFi」を薦める理由としては、

3大キャリア(au、docomo、softbank)のLTE回線でネット通信するので日本ほぼどこでも繋がる

「auひかり」より毎月1,495円安くなる(年17,940円安い)

モバイルWi-Fiルーターなので自宅、外出先を問わず使えて利便性がいい

★★加えて言うな海外へも同じ「D1端末」一台でネット繋がります。
(海外手続きも不要で持って行ってそのまま使える。)

以上、通信状況の改善、料金が安くなる、持ち運びできし利便性がぐっと上がってメリット沢山です。


答えを最初にお伝えしました。

詳細を紹介する前にまず「どんなときもWiFi」のデメリットを確認しておきましょう。

「どんなときもWiFi」のデメリットって何だろう?


「auひかり」(固定回線)と「どんなときもWiFi」を比較して「どんなときもWiFi」のデメリットを挙げると、

・固定回線に比べて理論上の速度が遅い
・落下させる可能性がある

くらいでしょうか。

では一つずつ見ていきましょう。


「auひかり」は光回線なので理論上は圧倒的に速い


まず「固定回線に比べて理論上の速度が遅い」ですが、「auひかり」はやはり光回線なのでずば抜けて速いです。

 

auひかり

どんなときもWiFi

理論上の最高速度

10Gbps~1Gbps

150Mbps

実際の速度

2.5Gbps~1.5Gbps

50~18Mbps


管理人プロフィール写真.PNG 
管理人

下り(ダウンロード)速度の比較です。
インターネットの速い、遅いは動画視聴のスムーズさ、ページ読み込みの速さをダウンロード速度で判断します。
・Gbps(ギガビーピーエス)
・Mbps(メガビーピーエス)
「1Gbps=1,000Mbps」


実測値は場所や時間によって大きく変動するので目安です。

誤解を招かないように伝えておきたいんですが、超速い光回線とモバイルWi-Fiルーターの速度は体感しずらいです。
(重い作業(オンラインゲーム)を頻繁にする人ならカクカク具合で気づくと思います。)

実際に普段使用するGoogle検索(ググる)やYoutube動画視聴などは「どんなときもWiFi」でも余裕です。

通信速度の例(動画、Web閲覧)Youtube.png




で、

今あなたの状況は自宅2階の部屋に「auひかり」回線が届いてない状況です。

そうなんです。

いかに理論上は速くても現実には自宅でWi-Fiが届かない事実もあります。

これは「どんなときもWiFi」にもありえる事かも知れません。

「どんなときもWiFi」は3大キャリア(au、docomo、softbank)のLTE回線を使っているので都心部はもちろん地下鉄、山間部も繋がるはずです。

しかしビルの立ち並ぶある一角や、本当の山奥などは、電波が入りづらいという状況も無きにしもあらずです。

「どんなときもWiFi」(モバイルWi-Fiルーター)は落下させる可能性がある


「どんなときもWiFi」D1端末を手で持つ.png

モバイルWi-Fiルーターの宿命かも知れませんが、持ち運びできるメリットの裏返しとして、落とす可能性が出てきます。

ただ「どんなときもWiFi」D1 端末はスマホのように液晶画面も無いし、画面が割れるような事がありません。

心配な人は「あんしん補償(月+400円)」に加入すれば、落下して故障した場合でも新品と交換してもらえます。


さて、


「どんなときもWiFi」のデメリットもお伝えしたので、「auひかり」から「どんなときもWiFi」乗り換えをオススメできる理由を見て行きましょう。



「どんなときもWiFi」でリスク分散でき通信状況も改善する


「どんなときもWiFi」を僕がなぜオススメするかと言うと通信大手3社(au、docomo、softbank)のLTE回線を利用できるからです。

 「どんなときもWiFi」の回線3つ3大キャリア.PNG

「auひかり」は光回線ですばらしく速くて良いサービスだと思います。

しかし万が一の自然災害、通信障害などが起こった場合au1社に頼りっきりになるのは怖くないですか?
(先日のアマゾン・ウェブ・サービスの大規模障害には驚きました!)

投資の名言で「一つのかごに卵を入れるな。」ってありますよね?

リスクは分散しておいた方が良いってことですね!

3社分の資産(電波塔)を使えるので、リスクが「三分の一」に減少します。

リスク分散が「どんなときもWiFi」の強みで3大キャリア(au、docomo、softbank)のLTE回線を使える大きなメリットです。

電波塔が多い.png

3社分のアンテナ塔をエリアや状況に応じて選択してくれる「どんなときもWiFi」。

素晴らしい技術がつまってます。



「auひかり」から「どんなときもWiFi」切り替えでいくら安くなる?


「auひかり」から「どんなときもWiFi」の料金でいくら節約できるかを知ってると一家の大黒柱としてと奥さんにドヤ顔できます!(笑)

 

月額料金

年間料金

auひかり

4,975円
[5,472円]

59,700円
[65,670円]

どんなときもWiFi

3,480円
[3,828円]

41,760円
[45,936円]

差額

1,495円
[1,644円]

17,940円
[19,734円]

※[金額]→10%税込(消費税:2019年10月1日より10%に上がるため)


●「auひかり」の設定条件は
・戸建て
・auスマホ無し
・電話サービス無し
・テレビサービス無し
・セキュリティサービス無し

●「どんなときもWiFi」の設定条件はクレジットカード払い
(口座振替だと少し料金が上がる。)


「どんなときもWiFi」の更新月(解約金不要)が25ヶ月目なので2年利用した場合の金額も比較します。

 

2年間の料金

auひかり

83,520円
[91,872円]

どんなときもWiFi

119,400円
[131,340円]

差額

35,880円
[39,468円]

※[金額]→10%税込(消費税が2019年10月1日より10%に上がる)

なんと「どんなときもWiFi」にして、2年間利用すると税込4万円近く節約できる!

4万円あったら奥さんにプレゼントや子供にゲームも買ってあげられますよね。



「どんなときもWiFi」だと固定回線にはない利便性が手に入る


「どんなときもWiFi」というより持ち運びできる端末のメリットですね。

あなたが今困っている自分の部屋でネットが繋がらない状況なら、自分のそばに「どんなときもWiFi」D1端末を置いておくだけでネットがサクサクです。

固定回線のように1階に本体があって2階までルーターや中継機を使ってWi-Fi飛ばすのは、うまく動作する家もあれば、しない家もあります。

それより身近に「どんなときもWiFi」を端末を置いておく方が確実ですよね?

さ・ら・に!外出時!

「どんなときもWiFi」はスマホくらいの大きさなので、カバンに入れてどこでも持ち歩いて使って下さい。

カフェ、レストラン、駅、電車内など本当にどこでもネット環境が出来上がります。

男性外でネット接続.PNG


特に「どんなときもWiFi」の3大キャリア(au、docomo、softbank)のLTE回線が活きるのが地下鉄じゃないでしょうか。

地下鉄.png

モバイルWi-Fiルーターで人気が高いWiMAXは地下鉄は電波が弱いです。

WiMAXは地下や山間部の繋がりが弱い部分をauのLTEを借りて接続するサービスを販売してます。

しかし「どんなときもWiFi」ならそんなことは気にしなくていいです。



なんせどんなときもWiFi」は携帯会社3社の電波を使えちゃうんですから!



自宅でも外でも海外でも「どんなときもWiFi」D1端末でネット繋いじゃって下さい!



「どんなときもWiFi」に満足できない場合でも解約方法を知っておけば怖くない


「どんなときもWiFi」を利用してもし満足行く速度が出なかったとしても安心して下さい。

念のため、解約方法を紹介しておきます。

《解約の流れ》
1.解約の依頼
 ・契約解除申請フォームから依頼
   or
 ・電話で依頼
 (0120-048-277)

2.端末返却

だけです。

そして「どんなときもWiFi」は8日以内に解約できる「初期契約解除制度」があります。

クーリング・オフのような制度ですね。

費用は端末返却時の送料だけで済みます。


まとめ(【auひかり】から【どんなときもWiFi】切り替えても問題ない?)


「auひかり」→「どんなときもWiFi」乗り換え?.png

🚩【auひかり】から【どんなときもWiFi】切り替えてOK!


「どんなときもWiFi」の速度は「auひかり」より劣るものの、ネット検索、動画視聴など「どんなときもWiFi」の実測値で十分快適。

持ち運びできるメリットを活かして身近にD1端末を置いて使うと全く問題なし!

「どんなときもWiFi」を薦めるポイントにまとめると、

🚩3大キャリア(au、docomo、softbank)のLTE回線でネット通信するので日本ほぼどこでも繋がる

🚩「auひかり」より毎月1,495円安い(年17,940円安い)

🚩モバイルWi-Fiルーターなので自宅、外出先を問わず使えて利便性がいい

🚩🚩海外へも同じ「D1端末」でネット接続可能
(海外手続きも不要で持って行ってそのまま使える。)

以上、「auひかり」から「どんなときもWiFi」に乗り換えを紹介する記事でした。

「どんなときもWiFi」なら工事不要だし申込みして届いたらすぐ使えるのでネット環境がすぐ出来上がりますよ!!