【決定版】Broad WiMAXをノートパソコンにネット接続できる?4つの方法を図解説明!

PC、クレードルをLANケーブルで接続.jpg

「ブロードWiMAXってノートパソコンにネット接続できる?」


「デスクトップPCは無理?」


と悩んでませんか?


まず結論からお伝えします!


Broad WiMAXで購入するWiMAX端末は全て「ノートパソコン」に接続できます。

(デスクトップPCも接続可能)


WiMAXを使ってノートパソコンにネット接続する方法は4つあります。


<電波でつなぐ方法>

Wi-Fi電波を飛ばしてパソコン、スマホ、タブレットが受信してネット接続.png

1.Wi-Fi(ワイファイ)

2.Bluetooth(ブルートゥース)



<ケーブルでつなぐ方法>

USBケーブル接続(WiMAX、ノートパソコン).png

3.USBケーブル

4.LANケーブル(クレードル使用して)


です。


一つずつ説明しますと、



<電波でつなぐ方法>


1.Wi-Fi(ワイファイ)

Wi-Fi電波を飛ばしてパソコン、スマホ、タブレットが受信してネット接続.png

Wi-Fiと呼ばれるネットの電波がWiMAXから飛び、パソコン側で受信してネット接続します。

(最も一般的で便利)



2.Bluetooth(ブルートゥース)

「Bluetooth」接続.png

WiMAX端末から「Bluetooth」と呼ばれる電波を飛ばし、パソコン側で受信します。

今ハヤリの線が無い「イヤホン、ヘッドホン」はBluetooth接続でiPodやスマホの音楽を聞いてるやつと仕組みは同じです。

バッテリー消費が少ないので長時間の利用可能。



<ケーブルでつなぐ方法>

3.USBケーブル

USBケーブル接続(WiMAX、ノートパソコン).png

Broad WiMAXで購入すると付いている「USBケーブル」でWiMAXとパソコンを接続。

直につないでるので速度が速く、安定します。




4.LANケーブル(クレードル使用して)

PC、クレードルをLANケーブルで接続.jpg
Wimax <----> クレードル <----> LANケーブル <----> パソコン

WiMAXは別売りのクレードルと呼ばれる「拡張機能つき充電台」を使うとLANケーブルでネット接続できます。

クレードルの背面(LANケーブル挿し込み口).png

WiMAX端末をクレードルに挿し込み、クレードルの背面にLANケーブルを挿して、もう一方のLANケーブルをパソコンに挿します。

線でつながってるので通信が速く、安定します。



以上の4つの方法でWiMAX端末はノートパソコン、パソコン、スマホ、PS4など、色んなタイプの機器にネット接続可能です。


あなたが今からどんなパソコンを購入されようと、今お持ちのパソコンでも必ずWiMAXならネット接続ができます。

(古い機種のパソコンでもネット接続できます。)




最初に結論をお伝えしましたが、詳細を知りたい方は読み進めて下さい。





◆ Broad WiMAXをパソコンにネット接続する4つの方法

PC、クレードルをLANケーブルで接続.jpg

Broad WiMAXをパソコンにネット接続する方法は、


<電波でつなぐ方法>

1.Wi-Fi(ワイファイ)

2.Bluetooth(ブルートゥース)


<ケーブルでつなぐ方法>

3.USBケーブル

4.LANケーブル(クレードル使用して)


以上の方法があります。


スピード速い順に並べると


3.USBケーブル > 4.LANケーブル>1.Wi-Fi電波 > 2.Bluetooth電波

(速い、安定)←ーーーーーーーーーーーーーーー(遅い)


の順です。


ケーブルを使って機器どおしを直につなぐと、邪魔するものが無いのでスピードが速くなります。

USBケーブル接続(WiMAX、ノートパソコン).png


ただ、実際に僕が使ってるのは、Wi-Fi接続が一番多いです。

特に外出先では、カバンにWiMAX端末の電源を入れっぱなしにして、パソコン、スマホを利用してます。

(速度も問題ありません。)


では、それぞれの接続方法のポイントをお伝えしていきます。




<電波でつなぐ方法>


1.Wi-Fi(ワイファイ)

Wi-Fi電波を飛ばしてパソコン、スマホ、タブレットが受信してネット接続.png


Wi-Fiと呼ばれるネットの電波がWiMAXから飛び、パソコン側で受信してネット接続します。


最も一般的なネット接続方法で、同時に複数台に接続可能で、


・モバイルWi-Fiルーター(「WX05」「W05」の携帯タイプ)は10台

・ホームルーターは40台


までの機器(パソコン、タブレット、スマホなど)にネット接続可能です。


Wi-Fi電波を飛ばしてパソコン、スマホ、タブレットが受信してネット接続.png

僕もWi-Fi接続を一番多く利用してます。

カバンにWiMAXの電源を入れておけば、パソコンの電源を入れれば勝手にネット接続してくれるからです。


パソコンだけでなく、スマホ、タブレットも最初に一回登録しておけば、次から機器の電源を入れれば一発でネット接続できてます。


便利!!


接続もカンタンで、「SSID」と呼ばれる「Wi-Fi電波の名前」を探してパソコンにパスワードを入力一回するだけです。


「WX05」SSID、パスワード画面.png





2.Bluetooth(ブルートゥース)

「Bluetooth」.PNG


WiMAX端末から「Bluetooth」と呼ばれる電波を飛ばし、パソコン側で受信します。

「Bluetooth」接続.png


今ハヤリのコードが無い「イヤホン、ヘッドホン」はBluetooth接続でiPodやスマホの音楽を聞いてるやつと仕組みは同じです。


バッテリー消費が少ないので長時間の利用可能です。


同時に複数台に接続可能で、


・モバイルWi-Fiルーター(「WX05」「W05」の携帯タイプ)は3

・ホームルーターは40台(Wi-Fi接続を含めて)


までネット接続可能です。





<ケーブルでつなぐ方法>


3.USBケーブル


USBケーブル接続(WiMAX、ノートパソコン).png




Broad WiMAXで購入すると付いている「USBケーブル」でWiMAXとパソコンを接続。

直につないでるので速度が速く、安定します。


[USBケーブル画像]

先端がUSB型、Cタイプのケーブル、.jpg

WiMAXと機器(パソコン、タブレット)どおしをケーブルでつなぐことを「有線接続」と呼びます。

有線接続は「一対一」の状態になるので、他から邪魔されません。


Wi-Fi、Bluetoothは目に見えない電波が飛ぶので、他の電波どおしがぶつかって、一時渋滞するときがあります。


有線接続は、電波渋滞がないので確実に速くネット接続がいつでもできます。






4.LANケーブル(クレードル使用して)


LANケーブル.png

[クレードル背面画像]
「WX05」背面クレードルセット.png

(右側がLANケーブル差込口)


WiMAXは別売りのクレードルと呼ばれる「拡張機能つき充電台」を使うとLANケーブルでネット接続できます。


[「W05」の接続画像]

PC、クレードルをLANケーブルで接続.jpg

Wimax <----> クレードル <----> LANケーブル <----> パソコン



WiMAX端末をクレードルに挿し込み、クレードルの背面にLANケーブルを挿して、もう一方のLANケーブルをパソコンに挿してます。



・クレードルとは?(=拡張機能つき充電台)

「WX05」クレードル前面.gif

WiMAXのモバイルWi-Fiルーター(「WX05」「W05」)にはクレードルと呼ばれる拡張機能つき充電台が発売されてます。

LANケーブルを挿して使うことによって「速度UP」「通信をより安定させる」機能があります。

Broad WiMAX公式サイトなら3,600円くらいでWiMAX端末と同時購入できます。



[LANケーブル画像]

LANケーブル.png

LANケーブルは、100円均一ショップでも売ってますし、アマゾン、楽天でも買えます。


LANケーブルはある程度の長さがあって、値段もそこそこの物がオススメです。


例えばアマゾンだと、

エレコム LANケーブル 2m 爪折れ防止コネクタ CAT6A ブラック.png

「エレコム LANケーブル 2m 爪折れ防止コネクタ CAT6A ブラック LD-GPA/BK2」です。

(長さは好みのものを選んで下さい。)


LANケーブル接続は、【WiMAX+クレードル】と【パソコン】が直接つながるので通信が速く、安定します。



以上の4つの方法でWiMAX端末はノートパソコン、パソコン、スマホ、PS4など、色んなタイプの機器にネット接続可能です。


あなたが今からどんなパソコンを購入されようと、今お持ちのパソコンでも必ずWiMAXならネット接続ができます。

古い機種のパソコンでもネット接続できます。)






◆ Broad WiMAXならノートパソコンの同時購入も可能

Broad WiMAX、パソコンとWiMAXのセット申込み.PNG


Broad WiMAXの公式サイトからWiMAX端末購入する時、ノートパソコン、タブレットをセット購入もできます。


結論、


WiMAXとノートパソコン(タブレット)のセット購入はオススメしません。


頭金を0円で分割払いで確かに購入できますが、同じ金額で購入するなら家電量販店で、もっと性能の良いものを見つけられる可能性があるからです。


公式サイトを見てみると


Pavilion15-bw001と「W05」のセット.PNG


HP製の「Pavilion15-bw001」というノートパソコンは、月額3,000円24ヶ月間、支払います。


合計72,000円(税抜)。


同じ「Pavilion15-bw001」をアマゾンで検索したところ、57,644円(税抜)で販売されてました。


一番のオススメは、Broad WiMAXで申込みしたWiMAX端末を家電量販店に持っていき、量販店の店員さんに予算と性能を相談するのがベストです。


新機種が発売されていたり、キャンペーンがあるかも知れませんからね。


パソコン担当の店員さんはかなり詳しい知識持っているので、WiMAX端末を家電量販店に持参するのが安全です。


メーカー通しの相性まで教えてくれます。






◆ まとめ


PC、クレードルをLANケーブルで接続.jpg


Broad WiMAXで購入するWiMAX端末は全て「ノートパソコン」に接続できます。

(デスクトップPCも接続可能)


WiMAXを使ってノートパソコンにネット接続する方法は4つ。


<電波でつなぐ方法>
Wi-Fi電波を飛ばしてパソコン、スマホ、タブレットが受信してネット接続.png

1.Wi-Fi(ワイファイ)

2.Bluetooth(ブルートゥース)


<ケーブルでつなぐ方法>
USBケーブルでノートパソコンに接続しながら、「Wi-Fi」や「Bluetooth」を飛ばせる。.png

3.USBケーブル

4.LANケーブル(クレードルという拡張機能つき充電台を使用して。)



★ Broad WiMAXはノートパソコンの同時購入も可能だがオススメはしない。


ノートパソコンは別で家電量販店で買う方が、安いし、店員さんにアドバイスがもらえるからです。


最後に僕がBroad WiMAXをオススメする理由をお伝えして終わりにします。


僕が調べた結果「値段、保証、サポート」など総合して一番いい所は「Broad WiMAX」でした。


Broad WiMAXの魅力は、

Broad WiMAXホーム画面.png

1.「8日以内キャンセル制度」があるのでお試し利用(解約金、不要で返品できる)

2.「ご満足保証」と呼ばれる他社への乗り換えサービスを利用(解約金は不要)


(↑1,2共にBroad WiMAXで申込みすると、どのプランでも全員が自動的に利用できます。)


があるので安心できることが分かりました。


もし「電波状況が悪い」といったケースになっても、安心できるサービスですね。

(我が家は電波まったく問題ありません。)


そして最大の魅力は、最安級の料金


最初の3ヶ月、月額2,726円と他より断然安いです。


4ヶ月目からも3,411円と安いです。


ブロードWiMAXの申込みで間違いありません!



BroadWiMAX