【とくとくBB】WiMAXの「20日以内キャンセル」どんな内容?20日間も使っても解約できるの?料金は?

「GMOとくとくBB」20日以内キャンセルOK.違約金不要。.png


「とくとくBBのホームページに「20日以内ならキャンセルOK」って書いてたけど、どんな内容?」


「本当に20日も使ってキャンセルできるの?」


「さすがに無料じゃなくて、少しはお金取られるやろ?」


と疑問をお持ちですか?


まず結論からお伝えします!


「20日以内」にWiMAX端末を返品すればキャンセルできます。

とくとくBBの「20日以内キャンセル」とは、本当にWiMAXが「自宅や出先で使えるかどうか?」を「20日間試す」サービスです。
(他社は「8日以内のキャンセル」のみ)

ふつうは早い段階で解約したら「違約金(解約金)」がかかりますが、「GMOとくとくBB」のキャンペーンでの申込みなら解約金の支払いは不要!


女性喜ぶ「えっ本当に?!」.png

■ 具体的な利用条件は2つ。


1.「ピンポイントエリア判定」が「◯」

2.20日以内にWiMAX端末を返品先(東京)へ着


です。


・ピンポイントエリア判定とは?


ピンポイントエリア判定「GMOとくとくBB」ホームページ少し下.PNG

[ピンポイントエリア判定](「とくとくBB」ホームページ内少し下)

住所を入力し、WiMAX電波を利用できるか「ひと目でわかる」ツール。

住所を打ち込むと「◯」「◯~△」「△」「×」のいずれかの判定が出る。



■ 「20日以内キャンセル」の利用手順は「GMOとくとくBBお客さまセンター」に電話して、WiMAX端末を返送するだけです。

電話女性.PNG


■ 費用は10,000円ほどがかかります。



「20日以内キャンセル」は、エリア判定が「◯」で「GMOとくとくBB」の公式サイトから申込みすれば受けれる「WiMAXを20日間お試し」できるサービスです。



最初に結論をお伝えしましたが、詳細を知りたい方は読み進めて下さい。





◆「20日以内キャンセル」の利用条件

エリア判定「◯」だけど心配。一度試したみたい.png

条件は2つ、


(1)ピンポイントエリア判定が「◯」

(2)20日以内に返品先(東京)へ着


です。



(1)ピンポイントエリア判定が「◯」

ピンポイントエリア判定「GMOとくとくBB」ホームページ少し下.PNG


「GMOとくとくBB」「ピンポイントエリア判定 WiMAX 2+」(ホームページ内少し下)であなたの住所がエリア判定「◯」になる必要があります。

エリア判定◯、注意書き「GMOとくとくBB」.png


ピンポイントエリア判定が「◯」で、通信が不安定な人は「20日以内キャンセル」が使えます。

※ピンポイントエリア判定「◯」以外は適用外

「◯~△」「△」「×」の場合は、「20日以内の解約違約金無料キャンセル」が適用外になります。

「×」判定は通信が難しいですが、「◯~△」「△」試してみる価値ありです。
(電話で問い合わせましたが、「実際に試さないと「通信状況」は分からない。」が回答でした。)

そういった方は、初期契約解除(8日以内キャンセル)で電波状況を確認して契約「する・しない」を決めるのがオススメです。
(かかる費用は3,500円くらい)





(2)20日以内に返品先(東京)へ着

トラック.PNG


「20日以内キャンセル」を利用するには、WiMAXを注文した日から「20日以内」に返品する必要があります。

例)

・注文日:2018/11/09

・返却期限:2018/11/28(端末が返品先住所に到着している必要あり)

(注文した日を1日としてカウントして20日間)


「GMOとくとくBB」20日間、注文日、試用期間、返却期限カレンダー.png


「20日以内キャンセル」は、注文日を1日目としてカウントして20日以内に返品先にWiMAX端末を返品しないといけません。

ちなみに「大阪→東京」の距離なら1日で到着します。

遠方の方は、余裕を見て2日間の時間をみた方が安全ですね

クロネコヤマトのホームページでいつ着か、日数が調べられます。


<WiMAX端末の返送先住所>

GMO本社ビル.PNG

〒150-8512 
東京都渋谷区桜丘町26-1
セルリアンタワー

GMOインターネット株式会社
GMOとくとくBB 行




◆ 「20日以内キャンセル」の手順

電話女性.PNG

キャンセル手順は「GMOとくとくBBお客さまセンター」に電話して、WiMAX端末を返送するだけです。

(1)「GMOとくとくBB」お客さまセンターに電話する


電話.PNG

「GMOとくとくBB」お客さまセンター
(平日10:00 ~19:00)

電話番号:0570-045-109 



(2)WiMAX端末を返品先住所に返送

運送業者との荷物受け渡し.PNGトラック.PNG


WiMAXを元の箱に詰めて直して、
指定返送先へ返品します。

(※事前に電話が必須。)


<WiMAX端末の返送先住所>

〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1
セルリアンタワー

GMOインターネット株式会社
GMOとくとくBB 行


<返送するもの>

「W05」箱の中身.png

↓入っていたもの全てです。

・端末本体

・内装箱

・取扱説明書

・保証書

・USBケーブル

・電池パック(内蔵型の機種をのぞく)「W05」は電池内蔵式なので不要。

・SIMカード





◆ 「20日以内キャンセル」にかかる費用

お金に羽.PNG

「20日以内キャンセル」の費用は合計10,000円ほどかかります。

違約金(解約金)の支払いは不要

[かかる費用]

・事務手数料3,000円

・WiMAX端末返送料

・利用料金

(端末発送日から当月末日までの日割料金)

(月額料金(翌月1ヶ月分))



<例>


悩む女性.PNG

<状況>
「WX05」(ギガ放題)注文し、ピンポイント判定が「◯」だったけど、マンションの階数のせいか電波が思うように入らない。

WiMAX「WX05」を「20日以内キャンセル」利用し返却する。

「WX05」.PNG

・注文日:2018/11/09(WiMAX端末が発送された日)

・返送日:2018/11/21(運送業者で端末を発送した日)

(返却期限:2018/11/28(注文した日を1日としてカウントして20日間)))


<「20日以内キャンセル」にかかる費用例>(税抜)

費用項目

金額

事務手数料

3,000円

返品送料
(発払いで自己負担)

約648円
(例:大阪→東京(返送先))

端末発送日~当月末日までの日割料金

3,124円
(一日142円×22日分)

月額料金
(翌月1ヶ月分)

4,263円
(ギガ放題の月額料金)

合計

11,035円




◆ まとめ


「GMOとくとくBB」20日以内キャンセルOK.違約金不要。.png


とくとくBBの「20日以内キャンセル」とは、
本当にWiMAXが「自宅や出先で使えるかどうか?」を「20日間試す」サービス

ふつうは早い段階で解約したら「違約金(解約金)」がかかりますが、解約金の支払いは不要!


■ 利用条件は2つ。

1.「ピンポイントエリア判定」が「◯」

2.20日以内にWiMAX端末を返品先(東京)へ着

・ピンポイントエリア判定とは?

ピンポイントエリア判定「GMOとくとくBB」ホームページ少し下.PNG

[ピンポイントエリア判定](「とくとくBB」ホームページ内少し下)

住所を入力し、WiMAX電波を利用できるか「ひと目でわかる」ツール。
住所を打ち込むと「◯」「◯~△」「△」「×」のいずれかの判定が出る。


■ 利用手順は「GMOとくとくBBお客さまセンター」に電話して、WiMAX端末を返送するだけ

電話女性.PNG

■ 費用は10,000円ほどがかかります。


<「20日以内キャンセル」にかかる費用例>
(税抜)

費用項目

金額

事務手数料

3,000円

返品送料
(発払いで自己負担)

約648円
(例:大阪→東京(返送先))

端末発送日~当月末日までの日割料金

3,124円
(一日142円×22日分)

月額料金
(翌月1ヶ月分)

4,263円
(ギガ放題の月額料金)

合計

11,035円


以上、「GMOとくとくBB」の「20日以内キャンセル」について紹介した記事でした。

実は、「20日以内キャンセル」をやってるプロバイダー(販売代理店)は「GMOとくとくBB」だけしかありません。

例えばBIGLOBEというプロバイダーを2週間くらいで解約した場合、

「違約金19,000円+端末代19,200円」で合計38,200円もかかります。

キャンセル費用を比べると、27,165円も「とくとくBB」の方が安いです。

比較すると「GMOとくとくBB」の「20日以内キャンセル」のサービスの良さが分かって頂けると思います。

「GMOとくとくBB」ロゴ.PNG

保証の手厚い
「GMOとくとくBB」のWiMAX申込みで間違いありません!