【WiMAX】モバイルルーター、ホームルーターの違いは?メリット・デメリットまとめ!W05、Home L01sで比較!

「W05」L01sの違い.PNG



今こんな感じで悩まれてませんか?


「WiMAXのホームルーターとモバイルルーターって何が具体的に違うの?」


「ホームルーター、モバイルルーターのメリット・デメリットを知りたい。」


「自分(我が家)にはどっちがいい?」


まず結論からお伝えします!


[違いをまとめたメリット・デメリット表]
 モバイルルーターホームルーター
メリット

(1)

家、外出先を問わず利用

・小さいポケットサイズなので持運び簡単

・最大速度(「W05」は758Mbps)がホームルーターより速い

(3)

電波がモバイルより強いため、一軒家で使用可

・充電が不要(コンセントに挿しっぱなしにするため)

同時接続台数が42台(モバイルは10台)

・有線接続が2本可能(オンラインゲームなど容量の大きい通信が安定する)

デメリット

(2)

・電波がホームルーターより弱いため、一軒家ではパワー不足の可能性有(特に階数が違う場合)

・充電が切れると使用不可(約9時間の使用が限度)

・同時接続台数が10台とホームルーターより少ない(ホームルーターは42台)

・有線接続はクレードル(充電台)を購入しないと不可

(4)

・持運びは基本不可(電源コンセントのあるとこ限定)

・電波が強い分、サイズがモバイルより大きい

・最大速度440Mbpsと「W05」(758Mbps)と比べると遅い



【モバイルルーターがオススメな人】

(端末は最速の「W05」がオススメ。)


「W05」.png

自宅、外出先(旅行も)を問わず利用する人

一人暮らしなどのマンション(部屋をまたぐだけの構造)にお住まいの人

(クレードル(充電台)のセット購入なら、さらに通信が安定。)






【ホームルーターL01sがオススメな人】


ホームルーターL01s.png

自宅(特に一軒家)での使用に限定する人

(階数をまたいでも電波が強いので通信がサクサク。)

















■ WiMAX申込み前の心境はこんな感じ?


悩む女性.PNG

WiMAX申込み前、私も同じなような心境でした。


「WiMAXのホームルーターとモバイルルーターって何が具体的に違うの?」


「ホームルーターというくらいだから、家には最適?」


「持運びを考えるとモバイルルーターがいい?」



WiMAXのホームページ見ても、今ひとつパッとした明確な答えが書いてないですよね?


僕は自宅用にホームルーターL01sを一台、外出用にモバイルルーターの「W05」を一台所有してます。


自宅は一軒家で、家族もWi-Fiが必要なので固定回線の代わりに、工事不要のホームルーターL01sにしました。


壁に穴を開けるのはイヤ.png

(Home L01sの良いところは、工事不要なので家の壁に穴を空けないし、工事立会もないから超ラクです。)




そして通勤時、カフェでのPC作業するとき用モバイルルーター「W05」を使ってます。


[「W05」画像]


「W05」を手に持つ.jpeg

すごい快適です。


外出先ではファーストフード店、スターバックスによく行くんですが、フリーWi-Fiって接続時にID探してパスワードを打ちこんでと、結構めんどうなんですよね。


たまに繋がらなくて腹立つことがあります。


時間が無いとき、めっちゃイライラします。。。


こんな経験ありません?


で、



モバイルルーター「W05」を使ってますが、めっちゃ重宝してます。



BroadWiMAX











■ モバイルルーター、ホームルーターのメリット・デメリット


「W05」L01sの違い.PNG


(1)モバイルルーターのメリット
(2)モバイルルーターのデメリット
(3)ホームルーターのメリット
(4)ホームルーターのデメリット


 モバイルルーターホームルーター
メリット

(1)

家、外出先を問わず利用

・小さいポケットサイズなので持運び簡単

・最大速度(「W05」は758Mbps)がホームルーターより速い

(3)

電波がモバイルより強いため、一軒家で使用可

・充電が不要(コンセントに挿しっぱなしにするため)

同時接続台数が42台(モバイルは10台)

・有線接続が2本可能(オンラインゲームなど容量の大きい通信が安定する)

デメリット

(2)

・電波がホームルーターより弱いため、一軒家ではパワー不足の可能性有(特に階数が違う場合)

・充電が切れると使用不可(約9時間の使用が限度)

・同時接続台数が10台とホームルーターより少ない(ホームルーターは42台)

・有線接続はクレードル(充電台)を購入しないと不可

(4)

・持運びは基本不可(電源コンセントのあるとこ限定)

・電波が強い分、サイズがモバイルより大きい

・最大速度440Mbpsと「W05」(758Mbps)と比べると遅い



上にメリット・デメリットをまとめました。


1から4まで紹介します。






(1)モバイルルーターのメリット


・家、外問わず利用

・小さいポケットサイズなので持運び簡単

・最大速度(「W05」は758Mbps)がホームルーターより速い



やっぱりモバイルの良いところは、名前の通り小さいので持運びできることです。


「W05」サイズ.png

スマホより小さく、軽いのでポケットに入れられるので便利ですよね。


しかも現在発売されてる中で最速機種「W05」!


最大下りスピード758Mbps

↑↑<用語説明>

・下り(ダウンロード):動画再生、ページ表示の速さ

・Mbps(メガビーピーエス):スピード表示の単位でメガなので激速です。


「W05」下り758Mbps.png













(2)モバイルルーターのデメリット


・電波がホームルーターより弱いため、一軒家ではパワー不足の可能性有。(特に階数が違う場合)

・充電が切れると使用不可(約9時間の使用が限度)

・同時接続台数が10台とホームルーターより少ない(ホームルーターは42台)

・有線接続はクレードル(充電台)を購入しないと不可


電波についてホームルーターと比較すると、モバイルルーターは弱いです。


クレードルで電波受信が強くなり通信安定.jpg


<電波(Wi-Fi)が飛ぶ距離の参考>


モバイルルーター:10m ~ 15m 程度

(クレードル(充電台)に接続状態だと20m ~ 25m)

↑↓

ホームルーター:50m ~ 60m



一人暮らしの部屋で一人だけ使うなら全く問題ないですが、一軒家でご家族でWi-Fiをシェアしようとすると、少しパワー不足です。


モバイルルーターで1階から2階へWi-Fiを飛ばす(床を通過)のは難しいです。


そしてホームルーターとの大きな違いとして同時接続台数もあります。


<同時接続台数>

・モバイルルーター「W05」は10台まで。

・ホームルーターL01sは42台まで。


4倍も差があります。


モバイルはポケットサイズなので、ここは仕方ないでしょう。











(3)ホームルーターのメリット


・電波がモバイルより強いため、一軒家で使用可

・充電が不要(コンセントに挿しっぱなしにするため)

・同時接続台数が42台(モバイルは10台)

・有線接続が2本可能(オンラインゲームなど容量の大きい通信が安定する)


Home L01sの最大のメリットは電波(Wi-Fi)の強さです。


家でつながるホームルーターL01s.png

一軒家で僕は使用してますが、1階に端末を置いても2階へちゃんとWi-Fiが届くので、妻も子供達もネットを不自由なく使ってます。


コンセントに挿すだけですぐ使えるので置き場所もそんなに困りません。


コンセントに挿してるL01s.jpeg


電源コードも2m強あるので十分。


そして同時接続台数がなんと42台!!


すごいですよね?


Home L01sは別名モンスタールーターと呼ばれてるそうです。


42台接続.png


我が家は、4人家族ですが全員がいっせいに使ってもネットが止まることがありません。













(4)ホームルーターのデメリット


・持運びは基本不可(電源コンセントのあるとこ限定)

・電波が強い分、サイズがモバイルより大きい

・最大速度440Mbpsと「W05」(758Mbps)と比べると遅い


Home L01sのデメリットとしては、モバイルルーターのように気軽に外出先へ持ち出せないことです。


[Home L01sサイズ画像]

500mlペットボトルとサイズ比較.png


と言っても片手で持てるサイズなので、家内でコンセントのあるところへ移動させるのは簡単です。


ホームルーターL01s置いてすぐ使える.png


あと、あえてデメリットを挙げるとしたら、速度が440Mbpsとモバイルルーター「W05」より遅いこと。


勘違いしないで頂きたいのですが、440Mbpsという数字もすごく速いんです。


動画視聴が止まるとか、遅いとか感じることは全くありませんので安心して下さい。


「W05」(758Mbps)が速すぎるだけです。













■ モバイルルーターを持つとこんな良いことがある


[「W05」画像]

社内でWiMAX利用.PNG


場所を問わずネットにつながる


・地下鉄、電車車内でも快適にネット

回線切替【WiMAX2+】【au 4G LTE】.jpg


・カフェのフリーWi-Fiの接続にイラつく事もない

・公園のベンチでもPC作業、スマホのネット通信が快適なスピード


などなど、エリア内であればどこでも使えますね。


生活で必需となるネット環境が常にポケット、カバンの中に入ります。


仕事も調べものも、すぐに実行できるので即解決でストレスフリー!


しかも「W05」ならめっちゃ速いので快適です。














■ ホームルーターL01sを持つとこんな良いことがある


[Home L01s画像]

L01s斜めから撮影.jpeg



Home L01s一台で家族全員がWi-Fiを使える


・父は仕事部屋で作業し、ネットで調べもの

・母はキッチンで料理の仕込みをしながら動画視聴

・子供は2階の部屋オンラインゲームもできる

・リビングにて家族全員がHuluなどで映画鑑賞


などでしょうか。


しかも同時に42台まで接続できて、高速通信(440Mbps)なので家族が動画視聴しても、他の人の通信が止まることもありません。


こちらもかなり快適で家用ならHome L01sで間違いないです。












■ まとめ


「W05」L01sの違い.PNG



【モバイルルーターがオススメな人】

(端末は最速の「W05」がオススメ。)


自宅、外出先(旅行も)を問わず利用する人

一人暮らしなどのマンション(部屋をまたぐだけの構造)にお住まいの人

(クレードル(充電台)のセット購入なら、さらに通信が安定。)



ホームルーターL01sがオススメな人】


自宅(特に一軒家)での使用に限定する人

(階数をまたいでも電波が強いので通信がサクサク。)



[メリット・デメリット表]

 モバイルルーターホームルーター
メリット

(1)

家、外出先を問わず利用

・小さいポケットサイズなので持運び簡単

・最大速度(「W05」は758Mbps)がホームルーターより速い

(3)

電波がモバイルより強いため、一軒家で使用可

・充電が不要(コンセントに挿しっぱなしにするため)

同時接続台数が42台(モバイルは10台)

・有線接続が2本可能(オンラインゲームなど容量の大きい通信が安定する)

デメリット

(2)

・電波がホームルーターより弱いため、一軒家ではパワー不足の可能性有。特に階数が違う場合)

・充電が切れると使用不可(約9時間の使用が限度)

・同時接続台数が10台とホームルーターより少ない(ホームルーターは42台)

・有線接続はクレードル(充電台)を購入しないと不可

(4)

・持運びは基本不可(電源コンセントのあるとこ限定)

・電波が強い分、サイズがモバイルより大きい

・最大速度440Mbpsと「W05」(758Mbps)と比べると遅い



以上の用に、モバイルルーター、ホームルーターについて紹介しました。


ご自身の生活スタイルに合う方の端末を申込みして下さい。


もしくは、我が家の用にモバイルルーター、ホームルーターの両方契約するのも、”あり”だと思います。


WiMAX(モバイル、ホームルーター)の違いが分かったので、次はどこで申込むかが大切です。


僕が調べた結果、


値段、保証、サポートなど総合して一番いい所は「Broad WiMAX」という販売代理店(プロバイダー)でした。


Broad WiMAXの魅力は、


Broad WiMAXホーム画面.png


1.「8日以内キャンセル制度」があるのでお試し利用(解約金、不要で返品できる)

2.「ご満足保証」と呼ばれる他社への乗り換えサービスを利用(解約金は不要)


(↑1,2共にBroad WiMAXで申込みすると、どのプランでも全員が自動的に利用できます。)


があるので安心できることが分かりました。


そして最大の魅力は、最安級の料金


最初の3ヶ月、月額2,726円と他より断然安いです。


4ヶ月目からも3,411円と安いです。


僕もBroadWiMAXさんで申込みしました。


安心して申込んで下さい!



BroadWiMAX