WiMAX運営会社ってどうなの?UQはモバイルルーター販売元として企業努力がすごい!安心の通信事業者!

【更新:2020/01/16】
悩む女性.PNG

こんにちは!管理人のリョータです!


WiMAXの購入前にこんな感じで悩んでませんか?


「WiMAXの販売元のUQって信頼できるとこ?」


「WiMAXは家電量販店、インターネットでプロバイダー(販売代理店)がたくさん売ってるけど、そもそも親会社は信頼できるとこ?」


ずっと支払い続ける商品やし、信頼度は絶対欠かせないですよね。


まず、結論からお伝えします


WiMAXの販売元のUQは、めっちゃ信頼度高いです。


理由は、


・会社がすっごいしっかりしてる(大企業

・契約者数がバリバリ多い(みんなが使ってて満足してる

万が一の災害時の対策も万全


とコンパクトにまとめると、こうです。


僕も毎日使ってますが、抜群の安定感です。


↓「W05」(下り最大速度758Mbpsでサクサク、インターネットできてます。)

「W05」を手に持つ.jpeg

>>WiMAX申込はコチラ(Broad WiMAX公式サイト)

さて、冒頭でWiMAXの親会社であるUQ(正式名:UQコミュニケーションズ)について触れました。

「でも、あれだけじゃ情報不足!」って人のために企業情報を大公開します!!


■ WiMAXの会社「UQ」ってどんな会社?

UQホームページ.png




では、UQの情報を大公開!!


[企業情報] 

社名

UQコミュニケーションズ株式会社

(英文名称:UQ Communications Inc.)

代表者

代表取締役社長 野坂 章雄

社員数

464名

設立

2007年8月29日

資本金および資本準備金

1,420億円

事業内容

電気通信事業

事業所

【本社】:東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー

【支店】:

・北海道支店

・東北支店

・中部支店

・関西支店

・中国支店

・九州支店

・北陸事業所

・四国事業所

主要株主

・KDDI

・東日本旅客鉄道株式会社

・京セラ株式会社

・株式会社大和証券グループ本社

・株式会社三菱UFJ銀行





ね?すごいでしょ!

資本金の額がさすが大企業ですね。


■ 本社は東京


[本社マップ]

UQ本社マップ.png


〒108-0075
東京都港区港南二丁目16番1号
品川イーストワンタワー18階

・JR品川駅 港南口より徒歩1分
・京急品川駅 京浜急行改札口より徒歩3分

■ 社長は野坂 章雄さん


2017年に行われたメディア向けのプレスリリースにも登場されてます。


■ UQの契約者数が3,000万人を突破!

[画像契約者数]

UQ端末契約者数.PNG



この表はUQさんのホームページに公開されているものです。


正直びっくりしました。


なんと3,000万人もUQ端末を持ってることが分かりました。


3ヶ月ごとに100万人の契約者が増えてるようですね。

すごい勢い!

それだけ品質も安定していて人気があるってことです。

>>WiMAX申込はコチラ(Broad WiMAX公式サイト)


■ 品質管理の徹底


[女性社員のエリア調査画像]

社員によるエリア調査.jpg



3,000万人以上のWiMAX契約者がいるので安心なんですけど、どうやって会社が品質を維持してるか調べました。

品質管理を分かりやすく図にすると、


[エリア品質改善プロジェクト画像]

エリア品質改善プロジェクト.jpg



調べていくうちに分かったんですけど、WiMAX利用者の声を集めて、運用改善を常に行っている組織体制です。


ユーザからの集まった声を情報にまとめ、技術、運用、建設のそれぞれチームで、各プロフェッショナルの回答を集めて運用改善につなげてるんですね。



★ さらに、TCS委員会とよばれる顧客満足委員会もあるそうです。

(TCS=Total Customer Satisfaction=顧客満足)


[TCS委員会画像]

TCS委員会の会議.jpg


[TCS体制図]

顧客満足のための体制図.png

要点としては、

・エリア
・速度、品質
・端末
・料金
・サービス

の5つのカテゴリに分類して顧客の声を分析し改善検討会を経て、経営トップをはじめ、全部門で会議をされてます。

ユーザからするとすごく嬉しいですよね、定期的にこんなに真剣な会議をしてくれるって。

>>WiMAX申込はコチラ(Broad WiMAX公式サイト)


■ 万が一の災害時の対策も万全


[災害時の体制図画像]

災害時の体制図.jpg


万が一の災害時(地震など)でも、どう対処するかをUQさんはWiMAX利用者のために考えてます。

ふと思ったんですが、上の図を見てると国の災害対策本部のようにしっかりしてますね。



● KDDIとの合同災害対策訓練もある

[KDDIとの合同災害対策訓練画像]

KDDI、UQ合同で災害対策訓練.jpg

UQさんは、グループ会社であるKDDIとともに、大規模災害を想定した災害対策訓練も実施してます。

すごい!


● 車載基地局の配備

車載基地局を配備.jpg


災害時の緊急対策の1つとして、車に基地局(アンテナ塔)を積んでエリア対策も万全!

いつでも出動できるように車載基地局には、無線機、アンテナ、バッテリーも積んでるそうです。

余談ですが、東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケットなどのイベント時のエリア対策としても出動してるそうです。


■ 全国基地局へのUPS(無停電電源装置)の設置


[UPS(無停電電源装置)画像]

UPS(無停電電源装置).jpg
(UPS=Uninterruptible Power Supply=災害時も電源供給する装置)

WiMAXの親会社であるUQは、全国の基地局(アンテナ塔)にUPSを設置し、非常時の停電が起こってもWiMAXの電波を継続利用できるようにしています。

めっちゃありがたい!!

災害時にインターネットが常につながると情報をいち早く仕入れることが可能になり安心ですよね。

[UPS(無停電電源装置)表]
配備済UPS2017年10月実績
24時間タイプ2,047局
3時間タイプ16,082局


すごいですね。

モバイルルーターを販売してる会社がここまで、僕たちユーザのために努力してくれてるなんて超安心です。

でここまでくるとWiMAXを契約することは、安心なのは分かりましたね。

では、どこでWiMAXを契約するのが一番得か

親会社のUQで契約すると料金が高くつくので、プロバイダー(インターネットの販売代理店)が一番お得です。

(※どこから買ってもエリア、品質は同じ。)

(※UQさんの端末を各社が販売しているだけです。)


値段、保証、サポートなど総合して一番いい所はBroad WiMAXというプロバイダーさんでした。

その魅力は、最安級の料金

最初の3ヶ月、月額2,726円と他より断然安いです。

4ヶ月目からも3,411円と安いです。

安心して申込んで下さい!

>>WiMAX申込はコチラ(Broad WiMAX公式サイト)